服部倫卓のロシア・ウクライナ・ベラルーシ探訪(ブログ版)

私のホームページ「ロシア・ウクライナ・ベラルーシ探訪」(http://www.hattorimichitaka.com)のブログ版です。

カテゴリ: 音楽・映画・番組鑑賞

 我々ロシア界隈の人間にとっては、見逃せない映画がこのほど日本でも公開された。ロシアを中心にドイツ、リトアニア、ポーランドも加わって国際制作された作品『ヒトラーと戦った22日間』である。公式HPはこちら。作品の概要を引用させていただくと、

 第2次世界大戦下にナチスが建設したアウシュビッツと並ぶ絶滅収容所ソビボルで起こった脱出劇を、実話をベースに描いたドラマ。国籍、貧富などは関係なく、ユダヤ人たちがガス室で大量殺りくされていったソビボル絶滅収容所。からくも存命しているユダヤ人たちの間では、密かに脱走を計画するグループがあったが、彼らにはその計画を牽引するためのリーダーが存在しなかった。そんな中、1943年9月、ソ連の軍人アレクサンドル・ペチェルスキーが収容者としてソビボルに送り込まれる。ペチェルスキーの統率能力とカリスマ性によって、収容者全員脱出を目指す壮大な反乱計画が本格的に動き出す。ロシアの国民的俳優コンスタンチン・ハベンスキーが自らの脚本で初メガホンをとり、映画監督デビュー。同時にペチェルスキー役で主演も務めた。「ハイランダー」シリーズのクリストファー・ランバート、「ゆれる人魚」のミハリナ・オルシャンスカ、「バタリオン ロシア婦人決死隊VSドイツ軍」のマリア・コジェーブニコワらが顔をそろえる。

 というものである。私自身は、旧ソ連の中でもユダヤ人口の多かった西寄りの欧州ロシア、ウクライナ、ベラルーシのことを主に研究しており、また同地域出身で米国にわたり音楽業界で成功したユダヤ人のことを調べるのが趣味なので、個人的に非常に身近なテーマである。しかし、ロシアの映画でナチス・ドイツのユダヤ人収容所を描いた作品はほとんど前例がないそうで、私自身もこの作品から受けたインパクトは非常に大きかった。

 ところで、私は映画を観る時にはなるべくネタバレしないように、余計な予備知識を持たないまま作品と向き合うようにしている。しかし、この『ヒトラーと戦った22日間』に限っては、ある程度の予習をした方がいいのではないかと感じた。現に、映画を観た段階では、理解し切れないところがあり、後からパンフレットを読んで、「なるほど、そういうことだったのか」と合点が行った点が少なくなかったからだ。

 ちなみに、映画の原題は、ロシア語でも英語でも『ソビボル』である。個人的には、ヒトラー自身は一切登場しないわけだし、『ヒトラーと戦った22日間』という邦題よりも、素直に『ソビボル』または『ソビボル絶滅収容所』のままでよかったのではないかという気がする。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

 唐突だが、1ヵ月ほど前に、Gibson Byrdland(1966年製)というギターを購入した。ギターを買うのは、1992年に米メンフィスのブルース博物館でやはりGibsonのES-225を買って以来だから、何と26年振りということになるか。そのES-225も、ペグが壊れてしまったりして、ケースに仕舞いっぱなしになり、長年触っていなかった。だから、演奏力が衰えまくりである。せっかく新しい(というか楽器自体は古い)Gibson Byrdlandを買って、本来であれば自分で一節弾いたものをブログにアップしたいところだが、今は演奏力リハビリ中なので、とてもお見せできる状態にない。そこで、販売店のギター講師が演奏したものを、上の動画でお目にかける。曲はスティービーのIsn't She Lovelyですな。自分もリハビリがある程度進んだら、このブログに演奏をアップしたい(誰も興味ないだろうけど)。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

3

 ホームページ更新しました。マンスリーエッセイ「モスクワのCDオアシス『トランシルヴァニア』」です。別のところに書いた雑文の使い回しですが、よかったらご笑覧ください。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

 この夏は、極度の多忙につき、最初はブログを休もうかと思い、ちょっと考え直して好きな歌を1日1曲紹介する手抜きを続けてきたが、歌紹介シリーズは今日で最終回である。明日からは以前どおりのブログに戻ろうと思う。で、歌紹介シリーズはフォーフレッシュメンで始めたので、終わりもそれにする。

 しかしなあ、この動画も、自分の知ってるバージョンと違うぞ。自分の持っているのが50年代のオリジナル録音、この動画は60年代のリレコっぽいな。

 世の中には、こんな良い音楽があるのに、なぜ人は、EXILEとかを聴くのだろうか?


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

 それにしても、モダンジャズからアニソンまで、こと音楽に関しては、自分でも呆れるほどに雑食だ。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

 ジェイムス・カー、好きすぎて、もう1曲行っちゃおう。「明日から、この世の音楽は、ジェイムス・カーだけです」って言われても、別にそれでいいや。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

 地球上に存在する歌を、すべて聴いたわけじゃないが、自分が聴いた範囲内では、これが一番好きかな。何という偉大なサウンド、何という偉大な歌唱。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

 もう夏も終わりですねえ。まあ、個人的には、出かけたのは近所のスーパーくらいで、あとは職場と自宅にずっとこもっていたわけですが。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

 先日来、ギターインストの曲を取り上げては、「この曲のギターを練習したい」というようなことを言っているが、最初から諦めてるのが、この曲。ベンチャーズの中でも、一番難しい曲であり、若い頃のCharがやっと弾けたとかいう話だから、とても自分には無理だ。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

 1958年の曲らしいから、もう60年近く前ということになるのかな。ロカビリーテイストのヒット曲を連発してアイドル的な人気を博した人だけど、この曲は確かあまり売れなかったやつだと思う。でも、妙に染みる。ギターの音色が神の領域である。

 アメリカに行った時、メンフィスだったかな、古道具屋みたいなところで、この人のサイン入りのシングルレコードが売っていたけど、70ドルとかいう値段にビビって、買わなかった。ちょっと後悔している。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

 ロシアン・ポップスが大の苦手のこの私が、唯一と言っていいくらい、ちょっとだけ気になったことがあるのが、この歌。アラ・プガチョーヴァ「パザヴィー・ミニャー・ス・サボイ」。まあ、耳に残るわな、このメロディーは。モスクワの街を歩いていて、どこからかこの曲が聞こえてきたりすると、ああロシア来たんだなあと、そんな感じがするわけです。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

 最近ローリング・ストーンズが発表したブルース・カバー・アルバムのど頭に入ってた曲の、オリジナル。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

 むかし、高田馬場でバイトしてて、その近くのレコード屋で中古LPセールみたいのをやってたんだったかな、そこで買った1枚の中にこの曲が入ってた。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

 エディー・ホーランドの佳曲。実は昨日のWhoからの連想ゲームであり、Whoがエディー・ホーランドのLeaving Hereという曲をカバーしているので、その繋がりである。エディー・ホーランドは、モータウン・サウンドを支えたソングライティングチームのH=D=Hトリオの一角だが、自分でもこうやって歌手をしていたわけだ。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

 欧米での人気に比して、日本ではそれほど人気のないWho。まあ、日本人にウケそうな哀愁メロディーとか、「歌えるギターリフ」とか、そういう路線ではないので。個人的にも、そんなにWho大好きという感じでもないのだけれど、やはりこの曲は格段にキャッチーで格好良い。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

 すげー好きな曲だけど、どういう出自のアーティストなのか、これは何についての歌なのか、音楽ジャンル的に言うと何に属すのか(ジャズ? ファンク? ソウル?)等々、さっぱり分からない。まあ、格好良ければそれでいいやという。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

 羽生君のテーマソング(?)でも有名なギタリスト、ゲーリー・ムーアのレパートリーとして知られている'The Loner'だけど、たぶんオリジナルはこっちで、弾いているのは別のギタリストだったと思う、確か。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

 有名な、オスマン帝国の軍楽。しかし、こんな音楽鳴らしながら、攻めてきたら、恐ろしくてしょうがないな。バルカンの人達にとっては、トラウマかも。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

 我が人生の汚点の一つに、「人生で一番多感な二十歳前後に、主にフュージョンを聴いていた」というのがあるが(笑)、まあそんなうちの1曲。この曲のギターも練習したいなあ。楽譜が絶版で手に入らないのよね。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

 スペンサー・デイヴィス・グループと称しながら、実際にはボーカルのスティーヴ・ウィンウッドが目立ちまくっていることでお馴染み。この時ウィンウッドは確かまだ十代。恐ろしいやっちゃ。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

↑このページのトップヘ