服部倫卓のロシア・ウクライナ・ベラルーシ探訪(ブログ版)

私のホームページ「ロシア・ウクライナ・ベラルーシ探訪」(http://www.hattorimichitaka.com)のブログ版です。

カテゴリ: 日常のあれこれ

DSC_0005

 北海道大学大学院に博士学位申請論文を提出し、そのまま札幌郊外の温泉で2~3日休養し、帰京して平常業務に復帰したところ。この間は論文に集中するため当ブログは「好きな歌」シリーズでお茶を濁してきたが、ブログも平常に復帰したい。

 とはいえ、軽い話題から。先日、カザフスタン外交発足25周年チョコレートというものが職場で配られた。当方の場合、仕事柄、大使館筋などから、こういうアイテムが回ってくるわけだ。上に見るように、巨大な板チョコ然としていて面食らったが、開けてみるとちゃんと小分けにパッケージされており、独立四半世紀を経てカザフ商品もそれなりに洗練されてきたのかなと感心した。ただし、味は昨今の日本で流行りのようなカカオ感の強いものではなく、ひたすら甘いだけだったが。

 ところで、このチョコの裏を見たら、下に見るように、EACというマークが記されていた。これはEurasian Conformity markといって、ユーラシア関税同盟/経済連合の技術標準に適合していることを表す表示であり、話には聞いていたものの、実際にこれの付いた商品は初めて目にしたので(単に今まで気付かなかっただけか?)、取り上げた次第である。

DSC_0016

ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

 多忙につき、しばらくブログをお休みすることにしました。たぶん9月頃に再開できると思います。また逢う日まで、ごきげんよう。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

DSC_0589

 先週の金曜日、北大で大学院の演習があり、ほぼとんぼ返りで、札幌に行ってきたのだ。プライベートなので、交通費も私費であり、節約のために往復ともLCCのバニラ・エアを利用した。まあ、東京~札幌の往復が込み込みで13,020円だったから、確かに安いけど、1回限りかなあ。さすがに座席がかなり狭いので、3日ほど経った今でも体が痛い。数千円をケチって、エコノミークラス症候群になったらバカらしいので、今後は無理をしないようにしよう。JALやANAの早割りだな、今後は。それに、バニラ・エアは成田発着であり、私自身は京成線沿線在住なので成田でもそれほど不便でもないのだけれど、やはり羽田への気軽なアクセスとは全然違うな。ていうか、成田の第3ターミナルというものがあるのも初めて知ったけど、さすがにLCC専用ターミナルは遠いし安普請だ。

 上の写真、全体にぼやけてるけど、スマホのレンズ部分のコーティングがはがれてきたようだ。研磨しよう。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

DSC_0578

 この4月から半年間、東京大学教養学部で非常勤講師を務めさせていただくことになりました。毎週金曜日に、「ユーラシア(旧ソ連)地域文化論」と題する講義を受け持ちます。昨日その第1回がありました。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

DSC_0295

 自分が社会人になりたての時代は、バブルの末期で、当時はシステム手帳が大流行りだった。私もシステム手帳を利用し、あれもこれもと手帳に機能を集中させていたものである。しかし、カレンダーとか電話番号リストとか、今やそういう情報はスマホのデータに移行し、手帳に求める機能が絞られてきた。私の場合で言うと、手帳に求めるものはもはや、メモ帳しかない。で、しばらく前に買った手帳(一応カレンダーとかも付いてはいるが、実質メモ帳としてしか使っていなかった)を使い切ってしまったので、新しいものを買おうと思い、大きめの文房具屋に行ってみた。しかし、これが、なかなか良いものがない。大部分の市販の手帳が、相変わらずカレンダーに最大の重点を置いている。でも、予定を手書きで手帳のカレンダーに書き込んでいる人って、今でもそんなにいるのかね? 他の人がどうしているかは知らないが、私の場合は、グーグルカレンダーのリマインド機能に依存しているので、今さら紙のカレンダーには戻れない。とにかく個人的には、多少の高級感はありながら全面的にシンプルなメモ帳という手帳が欲しく、唯一の追加のこだわりは「ペンのホルダーが付いていてほしい」ということだけだったのだけれど、店頭の選択肢はきわめて少なかった。数少ない、目に留まった商品が、「ダイゴー HPカバー HS リアルレザー」というアイテムだった。これは皮の表紙だけであり、中に別売りのメモ帳みたいのを挟んで使うわけである。ただ、店頭にあった茶色は色が気に入らなかったので、アマゾンで色違いの赤を注文し、それが我が家に届いた。上の写真がそれ。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

DSC_0183

 私の聖地、物欲パラダイスこと、ヨドバシカメラ・マルチメディアAKIBA。自分がいて一番心地良い場所と言おうか、住んでもいいと思うくらいである。で、下層階の家電売り場はもちろん、7階にタワーレコードと有隣堂書店があり、どちらも広々とした売り場で、それがまた良かったのだ。ところが、今年の初めくらいだったか、不吉な情報を得た。タワーレコードと有隣堂のある7階の専門店街がリニューアルし、新店舗がいくつか入るというのである。新店舗は総じてアパレル系であり、レコ屋および本屋という私の愛するコンテンツ屋が縮小すると予想された。

 それで、このほど7階のリニューアルが完了し、3月12日にオープンした。本日、リニューアルオープン以来初めて、マルチメディアAKIBAに行ってみた。そしたら、悪い予感的中。有隣堂書店の売り場は半分以下に、タワーレコードに至っては4分の1くらいに縮小してしまったのではないか。タワーには以前はイベントスペースみたのもあったのだけれど、そんなのも消え去っていた。それを尻目に、靴屋のABCマートなんてのが、広々とした店舗を構えやがって。ABC風情が、秋葉原まで進出してくんじゃねえよ。大嫌い。潰れればいいのに。だいたい、フランス人は靴を1足しか持たないとか言うじゃないですか(言わないか、こりゃ失礼)。

 まあ、これまで以上に、本やCDを実店舗で買うことはなくなるだろうなあ。だいたい、自分の買いたい本やCDなんて、店に売ってないからなあ。たとえば、このブログで最近紹介した『シベリア最深紀行 ―知られざる大地への七つの旅』とか、『現代ロシア経済 ―資源・国家・企業統治』とか、そういう新刊があるかなと思って、今日売り場で確認してみたけど、影も形もないもんね。ロシアに関する本なんて、1冊も置いてなかったんじゃないかな。まあ、本やCDをますますアマゾンで買うようになるというのもあるし、電子形態で買うなり利用するという方向にシフトすることもあるだろう。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

 2011年の東日本大震災と原発事故から、5年が過ぎました。あの時のことは、直接被災地にいたわけでもない私にとっても心の傷となり、人生観が変わるほどの出来事でした。亡くなられた方々とご遺族に心より哀悼の意を表するとともに、なかなか進まない復興や不便な避難生活でいまだに苦しい思いをされている方々にお見舞いを申し上げます。

 自分はあまりにも無力ですが、せめて社会から与えられた役割に誠実に向き合い、日々精一杯生きていこうと、改めて心に誓う次第です。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

Hokkaido_University

 新年明けましておめでとうございます。

 2014年にウクライナ危機が発生し、ロシアをはじめユーラシア諸国の情勢がにわかに流動化したこともあり、2015年も私は相変わらず同諸国の情勢フォローと情報発信活動に追われて過ごしました。9月に初めてアゼルバイジャンとアルメニアを訪問できたことは収穫でしたが、それ以外は日本国内に腰を据え、ひたすら情報収集と執筆活動に明け暮れた1年でした。

 そうした中、所属団体の機関誌である『ロシアNIS調査月報』が、2015年7月号で、創刊1000号を迎えることができました。節目の1000号を世に送り出すことができ、編集長として肩の荷が下りた思いでありまして、これが個人的には2015年のハイライトでした。

 私事ですが、北海道大学大学院では、博士課程在籍2年目となりました。2016年はいよいよ博士論文の仕上げの年です。上の写真は、12月に撮った、雪化粧した北大キャンパスです。

 2016年が皆様にとって素晴らしい1年となることをお祈り申し上げます。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

20151109gakkai

 この週末には、第55回比較経済体制学会全国大会が東京で開催された。私自身は時間がなく、2日目の共通論題「世界経済の地殻変動」の午後の部しか聴くことができなかったが、米ドル、中東、原油問題を扱った午前の部にも、無理してでも出ればよかったと、後悔している。

 会場は水道橋の日本大学だったが、間違えて御茶ノ水の明治大学に行ってしまったというのは、私だけの秘密である。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

20150726shabu

 どーでもいいような話だけど、まあ日曜日だから、いいよね。最近、ふとしたきっかけで、低糖質ダイエットに目覚めたのだ。何年か前から、話題にはなっていたみたいだけれど、個人的にはごく最近意識するようになり、後掲のような本を読んだりして、数日前から実践し始めたわけである。簡単に言えば、糖質を多く含む主食(ご飯・パン・麺類)、それに糖分の多い果物や菓子などの摂取を極力少なくし、その代り肉・魚などのタンパク質中心の食品はほとんどカロリーを気にせずにたっぷり食べてもいいと、そんな健康・ダイエット法である。まあ、だから主食さえ削れば、空腹に苦しんだりせずに済む、ということにもなる。

 しかし、やってみると、これがなかなか大変だ。特に、私みたいな外食中心の人間は、苦労する。外食店のメニューを見ても、スーパーの棚を物色しても、一体自分は何を食べればいいのだと、路頭に迷ったかのような状態になる。低糖質ダイエットの考え方で言うと、普通にご飯食べるよりも、焼き鳥食って焼酎でも飲んでた方が健康的ということになってしまうのだけれど、私は酒も飲まないしなあ。

 上の写真は、一昨日の昼食で、これなんかは比較的チョイスが上手く行った例ではないか。野菜たっぷりの冷製豚しゃぶに、小鉢が色々ついて、ご飯を半分にしたから、低糖質ダイエット的には良い線を行っていると思う。



ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

20150707book

 東洋書店が消滅すると聞き、これはやばいと思って、即座にAmazonに注文を入れた(手持ちのタマがなくなっていたので)。その時点で、Amazonには、我がブックレットは2冊しか在庫がなく、それをセルフ買占めした。今日になって、それが届いた。いずれにしても、もう人にあげたりはできないな。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

20150610m

 申し上げていた、『ロシアNIS調査月報』通巻1000号の記念号の編集作業、基本的に完了。まあ、それにしても、色んな意味で、筆舌に尽くしがたいものがあった。聞くところによると、ロシアでは、誕生日のお祝いというのは、周りがというよりも、自分で色々とお膳立てしなければいけないそうだ。今回の月報1000号も、それに近い感覚だったかな。自分のお祝いの根回しや地均しを、全部自分でやらなければならないという。

 デザインに関して言うと、1000号の表紙にふさわしい写真は何かないかと思案したけれど、これといって思い浮かばず。5月に開催した1000号記念講演会の会場の写真を使おうかとも思ったものの、あまり「絵」にならないので、それも断念。結局、歴代の月報の表紙の画像を使ってコラージュするという、赤面もののデザインに。プロのデザイナーなら、もう一ひねりするところだけど、当方の技術力ではこれが精一杯。まあ、歴代の表紙が一堂に会して、ウルトラ兄弟勢揃い的な面白みはあるのではないかと。数十年前の号は、すでにヨレやシミや退色が生じているので、デジタル的にレストアした上で掲載。

 内容的にも、自分自身が多くの記事を書いているし、全体の編集やチェックもあるしで、大変だった。自分の署名記事としては、「1000号の歩みを振り返る」「ウクライナ危機は克服できるか」「モスクワ~カザン高速鉄道は中国の支援で推進」「ウクライナの地域別宗教事情」「内憂外患のロシア・サッカー界」といったところ。

 6月20日発行予定。誰か俺を褒めてくれ。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

20150609pen

 本日は、毎月恒例、編集を担当している『調査月報』の締切日なのだけれど、今回作成しているのが創刊1000号記念号なので、いつにも増してテンパっている。なので、ブログは簡単なよもやま話だけにさせていただく。

 最近、TBSの「マツコの知らない世界」という番組が面白いという話を聞き、観始めたのである。まあ、実際には、それほど面白くなかったので、もう観るのやめようかと思っているのだが(笑)、先日やったボールペンの回に興味を惹かれた。当方、ボールペンとか、勤務先支給の安物とか、お土産でもらうようなチャチなものしか使ったことがない。しかし、仕事で資料にアンダーラインを引いたり、赤で校正をしたりといったことは結構あり、赤ペンで使い心地の良いものはないのかというのは、漠然と感じていた。そうしたところ、マツコの番組で、良さそうなボールペンが紹介されていたので、それをAmazonで注文してみたのである。それが今日届いた。こちらの製品で(ステマじゃないよ)、三菱鉛筆 多機能ペン ジェットストリーム プライム 3&1ブラック MSXE450000724というやつだ。定価は5,000円以上らしいけど、Amazonで3,500円くらいだ。デザインが微妙とかいうレビューも目に付いたけど、まあ書き心地優先でいいだろう。そんなわけで、こいつを使い込んでみようと思う。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

20150401jirei

 私ごとですが、本日4月1日付で、ロシアNIS経済研究所の調査部長を拝命しました。昨日までは「調査部部長」で、同じじゃないかと言われそうですが、少なくとも私は、より責任が増したと自覚しています。26年前の今日、私が入社した時の調査部長は、今は亡き村上隆さんで、その存在感の大きさから私は、調査部長という役職は特別なものだと認識してきました。村上さんとはやり方は大分違うとは思いますが、自分なりの方法で、研究所の活動を担っていくつもりです。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

logo-jreast

 JR東日本の上野東京ラインというのが3月14日に開通した。私は北千住在住なので、その常磐線部分が関係してくることになる。今まで常磐線は上野までしか行っていなかったわけだが、それが今後は一部の列車は東京駅まで、さらには品川まで行くわけである。

 これまで私は東海道新幹線に乗って帰京した際に、東京駅→日暮里駅(山手線もしくは京浜東北線)、日暮里駅→千住大橋駅(京成本線)というルートで帰宅していた。私の場合、普段の通勤なんかでは北千住駅を使うけど、一番近いのは千住大橋なので。ただ、このルートでは、乗り換えがあるし、京成本線の運賃も発生する。もしも、品川駅もしくは東京駅で常磐線に乗れるなら、それで北千住まで行けて、乗り換えが少なく、追加運賃も発生しないことになる。品川が始発なので、たぶん座れるだろう。所要時間は多少伸びるかもしれないが、ラクに家まで帰れそうである。

 ところが、品川発の常磐線は22時台に終わってしまうので、利便性は限定される。たとえば、静岡にサッカーの試合を観に行ったとする。夏場の試合は21時終わりなので、試合終了後にIAIスタジアムから静岡駅にかけつけると、乗れる新幹線は22:11静岡発のひかり号になってしまう。すると、23:03品川着、23:10東京着ということになり、その時間帯にはもう両駅からの常磐線は出ていないのである。

 せめて試合開始を18:30にしてくれると、帰りに21:37のひかり号に乗れるんだけどなあ(一体どれだけ個人的な都合の話なんだ)。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

P1230460

 まったくのバカ話で恐縮である。昨日は編集を担当している『ロシアNIS調査月報』の締切日だったのだが、久し振りに深夜残業、タクシー帰りとなった。まあ、作業が深夜に及ぶこと自体は珍しくないのだが(早朝に及ぶこともあるし)、最近は自宅での作業環境をほぼ職場と同等レベルまで整えたので、終電前に帰って、続きは家でやるようにしているのだ。だが、昨日に限っては、ちょっとした思惑があった。先日、あるところで講演をしたら、「お車代です」ということで、タクシーチケットをもらった。で、てっきり現金でも入っているのかと思い、後日その封筒を開けてチケットであることに気付いたので、適当な折りにこのチケットを使っちゃおうと思って、昨日の深夜残業、チケットいつ使うの、今でしょうということになったわけである。ところが、午前1時半頃、帰宅しようとして、改めてチケットを見ると、あらかじめ日付が記入してあり、講演当日しか使えないやつでした(泣笑)。結局、自腹でタクシーに乗ることに。写真に見るように、「2016年7月末まで有効」「3万円までご利用いただけます」なんて書いてあるから、そちらに目を奪われ、手書きのご利用日は目に入らなかった。う~ん、なまじ変なものをもらったので、4000円近く、かえって損したぞ。

 そんなわけで、本日は深夜作業明けなので、有給をとり、自宅でゆっくりさせてもらっている。4年前の2011年3月11日、あの日も『調査月報』の作業を終えたところだった。あの時は入稿ではなく、校正作業が終わって校了したタイミングだったけど、ふうやれやれと思って会社の席に座ったところで、不気味な揺れが始まったのだった。だから、今でも月報の編集作業を終えると、特に3月の作業の時には、あの時のことを思い出す。あの日の衝撃で、自分自身の価値観も、ライフスタイルも変わったほどだったけど、4年が経って、さすがに自分の中でも遠景化しているような感じを受ける。まあ、こんな日くらいは、改めて心に刻もうと思う。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

20150210tea

 エビちゃんの真似をして、ハーブティー生活を始めることにした。良く眠れるって、ホント?


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

20150204asabanchou

 本日朝、静岡のラジオ局SBSの番組「朝番長」に電話出演し、ロシア・ウクライナ情勢に関し解説させてもらった。番組自体は6:30からだけど、自分の出番は7:16からの「情報三枚おろし」という8分ほどのコーナーだった。

 以前、在京キー局のラジオ番組に電話出演した時には、番組を聴きながら、自分の出番を待っていた。しかし、今回はローカル局なので、自分で番組を聴くことはできない。最近、ラジコで日本全国のラジオ放送が聴ける有料サービスが始まったみたいだけど、それには入っていないし。静寂の中で、局側から電話がかかってくるのを待つのは、とても変な感じであり、「本当にかかってくるのか?」と心配になったりもした。

 静岡は私の生まれ故郷。実家には出演を知らせたが、そのほか誰か昔の知り合いで、私に気付いてくれた人はいただろうか。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

20150109m

 編集作業が終わったばかりの『ロシアNIS調査月報』2015年2月号を、例によって編集長特権で、どこよりも早くご紹介。2月号では、「ロシアの地域経済と沿ヴォルガ」と題する特集をお届けしており、私は「沿ヴォルガ連邦管区の経済概況」「ニジェゴロド州経済の概要と発展動向」「不思議な発展を遂げるモルドヴィア共和国」というレポートと、特集の枠外で「ウクライナ鉄道車両産業の苦境」というレポートを執筆しています。また、今号からクイズコーナー(なんだそりゃ?)を始めました。1月20日発行予定。

 この号を作り終えて、完全にグロッキーなので、本日はこれにて失敬。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

20150103toy

 私は、月末・月初はだいたいいつも、担当している月刊誌の編集作業に追われている。ということは、年末・年始も、出勤こそせず在宅ではあるが、ほぼいつもと変わらずに編集作業をしている。それに加え、今回の年末・年始は学会論文の締切や、外部から頼まれた原稿なども抱えており、普段以上に忙しくしている。だから、ブログで大した記事も書けず、心苦しい。これも、まったくのバカ話である。

 昨年の5月にウクライナに個人旅行に出かけた時に、写真に見るような知育玩具を買ってきた。子供向けの、なんちゃってコンピュータみたいなやつであり、英語・ロシア語・ウクライナ語の3言語で、文字・単語・数字・計算などを学べるようになっている。さすがにピンク色のおもちゃを買うのは恥ずかしかったが、これを使えば、基礎的な単語や数字を、ロシア語・ウクライナ語の対応関係で勉強したりするのには案外良いかもしれないなと思い、冗談というかダメモトで買ってみたのである。

 で、帰国後に使ってみたところ、これは完全にハズレで、少なくとも当方の実用には向かないものだった。まず、良くないのは、学べる単語の数がきわめて少なく、1文字につき1単語にすぎないこと。ロシア語のСという頭文字から出てくる単語は「стол(机)」という1つだけで、なるほどウクライナ語では「стіл」というのかという対応関係は分かるものの(露・宇語で同じ単語がチョイスされているので)、単語数が少ないからすぐに飽きてしまう。さらに酷いのは数字。たとえば、12のことを、ロシア語では「двенадцать」と言うが、このピンクマシンに「12」と入力すると、「1、2(один, два)」と区切って読んでしまう。これじゃあ全然数字の読み方の勉強にならないでしょうが! 知育玩具といっても、本当に文字を覚えたてくらいの小さな子供向けだな。

 まあ、2000円くらいだったし、役に立たなくても笑い話で済むかと思って買ったものだから。実際、こうしてブログの笑い話にしている次第。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

20150101newyear

 新年明けましておめでとうございます。

 起伏の少ない人生を歩んでいる(?)私としては珍しく、2014年は実に色んなことがあった1年でした。

 ポジティブな出来事としては、4月に北海道大学大学院博士後期課程に入学し、在職のままではありますが、博士号の取得を目指すことになりました。他方で、自分の研究してきたウクライナという国が壊れてしまい、柄にもなく多少マスコミに露出したりといったこともありました。ロシアが経済制裁を食らったり、通貨が下落したりと、どうにも落ち着かない日々を過ごしています。二十数年前にソ連・東欧圏が崩壊した頃も同じような感覚がありましたが、あの頃はある種の高揚感もあったのに対し、昨今のロシア・ウクライナ危機ではつい不安感ばかり抱いてしまいます。

 昨日のエッセイにも書きましたが、2014年には、島根県を初めて旅行する機会がありました。写真はその時に出雲大社で撮ったものです。

 2015年が皆様にとって素晴らしい1年となることを、お祈り申し上げます。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

 個人的に、疲れてくると、足がつるタイプである。不思議なことに、体を激しく動かしたりしなくても、机に向かって根を詰めて仕事をしてるだけでも、疲れると足がつる。昨日が締め切りだった原稿を、まだ仕上げられていなくて、本日まで持ち越してしまった。午前中までにはこれを片付けたい。そして、悪いが明日は完全オフにさせてもらおう。昨日からずっと足がつりっぱなしだ。一両日中くらい、ブログもほぼ開店休業になるかも。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

20141110eu

 11月8~9日と東京の立正大学で日本EU学会の研究大会があり、私は全体セッション第Ⅲ部「ウクライナ危機とEUの連帯」で、「ウクライナ経済の概要と対EU関係」と題する報告をさせていただきました。この秋は、ロシア・東欧学会、比較経済体制学会、そして日本EU学会と、3本もの学会報告をする(しかもそれぞれに内容を変えながら)という無茶なタスクを引き受けてしまったのですが、何とか乗り切ることができました。昨日は編集を担当している『ロシアNIS調査月報』の締切日でもあったので、大変だった。そんなわけで、大したブログも書けません。

 これで少しは楽になるかな? ならないか、明後日からロシア出張だからな。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

20141014kasa

 本日は、ものすごく重要な原稿締め切りに直面しており、ブログは四方山話しかできなくて、恐縮です。

 ごつい台風が過ぎ去ったところですが、皆さんはご無事だったでしょうか。個人的に思い出すのは、昨年のちょうど今頃、高知に旅行に出かけ、そこで台風の直撃を受けたこと。まあ、日程にはそれほど影響はなかったんだけど、足摺岬の荒れ狂う海の様子とか、凄かった。で、その際に強風で、何年か使ってきた折り畳み傘が壊れたのです。骨が折れたわけではなく、曲がっただけだったので、ペンチで伸ばして半年ほど使っていたのだけれど、完全に元には戻らなかった。仕方がないので、新たな折り畳み傘を買ったのですが、それがすぐに壊れ、それから約半年で実に3回も、折り畳み傘が壊れるという事態に直面。ちなみに、1年前に高知で壊れた時には強風が原因だったけど、後の3回はすべて、台風とかは関係なく、普通に使用していて、実にあっさりと壊れたもの。いくら、2,000~3,000円程度の安物とはいえ、買って1ヵ月くらいですぐにダメになるというのは、なかなかへこむ。

 買っては、すぐに壊れるというのに嫌気がさしたので、今度は1万円以上する国産の傘をアマゾンで注文してみた。さすがにこれは、何年かはもってほしいなあ。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

20140919toritoku

 誕生日なので、自分の思い付く限りで、一番の贅沢をしてやった。勤務先の近所にある老舗「鳥徳」のC弁当。チキンカツ、焼き鳥の盛り合わせに、鰻の蒲焼まで付く。お値段3000円。


ブログ・ランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

 本日から夏休みで、ちょっと東北方面に行ってきます。完全オフなので、たぶん当ブログは「日めくり紋章」と旅行記だけになり、ロシア・ウクライナ情勢のフォローなどはお休みさせていただくと思います。旅行中はニュースとかあまり見ないで、むしろ本を読もうかと思っているし。


ブログ・ランキングに参加していますので、
よかったら1日1回クリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

20140713koubutsu

 最近、密かに思い始めたことなのだが、実は、

 放送大学の番組って、滅茶苦茶面白い

 のではないだろうか。先日、番組表で、【特別講義 ダイジェスト】「ネアンデルタール人はなぜ滅びたのか~多彩な知が真相に迫る~」 講師:〔赤澤 威(高知工科大学教授)〕というのがたまたま目に留まり、ネアンデルタール好き(?)の自分としては大いに興味を引かれ、実際に観てみたら、期待にたがわぬものだった。それ以来、テレビ欄で放送大学のところに注目するようになってしまったのだけど、なんか、今まで見向きしなかったものの、よく見ると、面白そうなものばかりなのである。今日は、「惑星地球の進化」の第14回「熱水活動と鉱物資源の生成」というのを観てしまった。これ、全15回らしく、全部見たら、相当地質学や鉱物に詳しくなれるだろうなあ。

 まあ、基本的には講師がしゃべって、時々フリップや資料映像を見せるだけだから、「ここで専門用語が字幕で出ればなあ」などと、番組の作りの雑さが気になることもあるけれど。でも、個人的には、NHKのドキュメンタリー番組あたりでも、過剰演出に辟易とすることが多いので、放送大学みたいなあっさりとしたテイストの方が、逆に心地良いかも。


ブログ・ランキングに参加していますので、
よかったら1日1回クリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

 今まで存じ上げていなかったが、こちらのDanas je lep dan.というブログが、非常に深そうである。このブログの中で、グルジアという国名に関する考察が披露されており、それがとても深く鋭い。

グルジアのことは「ジョージア」ではなく「サカルトヴェロ」と呼ぼう

世界はサカルトヴェロを何と呼んでいるのか?――「グルジア/ジョージア」呼称問題のための資料

 当方にとっても、業務上、関係してくる可能性のある問題なので、ここにクリップしておきたい。

 とか何とか言いながら、このDanas je lep dan.というブログを拝見していたら、私のブログについてのコメントをいただいたりしていて、ビックリ。参考にさせていただきます。

 これだけ鋭く有益な内容なのだから、本名をお出しになったらいいのではないかと思ってしまうのだが、どうだろうか。


ブログ・ランキングに参加していますので、
よかったら1日1回クリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

20140711m201408

 私が編集を担当している『ロシアNIS調査月報』の2014年8月号、編集作業がすべて完了したので、どこよりも早く表紙をご紹介。今号では「ROTOBOミッションとコーカサス情勢」と題し、小誌としては初めて、コーカサスの特集を組んでいる。私は「ロシア政府が北カフカス省を設置」「EU・ウクライナの連合協定調印される」という2本のレポートを執筆。7月20日発行予定。


ブログ・ランキングに参加していますので、
よかったら1日1回クリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

20140706jukou

 4月から通い始めた東京外大のオープンアカデミー、「ウクライナ語初級Ⅰ」が、一昨日のレッスンで終了した。上掲のような「受講証書」をいただいた。なんか、嬉しいっすわ。まだ教科書は半分くらいしか終わってないので、10月から始まる「初級Ⅱ」というのにも、たぶん行くことになると思うけど、とりあえず、第一段階クリアである。

 ウクライナ語には、ロシア語とあまり変わらない部分がある一方、「全然違うじゃん」というところもある。現在までのところ、違いを一番感じたのは、動詞の未来形である。不完了体の動詞から未来形を作る際に、2つの方法がある。1つは、ロシア語と同じパターンで、бути(ロシア語のбытьに相当)+不定詞という形である。教科書ではこれが「合成未来形」とされていた。робити(「やる」という意味)という動詞であれば、

я буду робити
ти будеш робити
він буде робити
ми будемо робити
ви будете робити
вони будуть робити

 という変化になる。ところが、もう1つの形、不定詞の語尾に接辞を付ける「総合未来形」という方法があり、これはロシア語にはまったく見られないものだ。ウクライナ人としては、ロシア語との違いを強調するために、こうしたウクライナ語独自の形の方を好む傾向がなきにしもあらずのようだ。

я робитиму
ти робитимеш
він робитиме
ми робитимемо
ви робитимете
вони робитимуть


ブログ・ランキングに参加していますので、
よかったら1日1回クリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

↑このページのトップヘ