ロシア・ウクライナ・ベラルーシ探訪 服部倫卓ブログ

ロシア・ウクライナ・ベラルーシを中心とした旧ソ連諸国の経済・政治情報をお届け。

カテゴリ: 紋章

chastoserie_ss_coa

 干支にちなむ猪のシリーズを続けてきたが、そのネタはほぼ尽きた。ただし、猪を干支にしているのは日本独自らしく、本場の中国をはじめ諸外国では、豚が正式のようである。そこで、ロシアの豚関係の紋章も、数は多くないが、一応チェックしておく。

 これは、ウラル地方のクルガン州にあるチャストオゼリエという村の紋章である。伝統的に養豚業が営まれてきたので、このようなデザインになっているようだ。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

gor

 干支にちなんだ猪の紋章シリーズが続くが、今回は惜しいパターン。モスクワ州にゴルスコエ村というところがあり、その紋章が上掲のようなものだった。なぜ紋章に猪が描かれているかというと、村の中心だった集落が、ロシア語で「猪村」という意味のカバノヴォという名前だったからだ。しかし、残念ながら、この村は2018年にオレホヴォズエヴォ地区に吸収されて消滅してしまったということであり、したがってこの紋章もすでに現役ではなくなってしまったようである。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

Coat_of_Arms_of_Novozalesnovskoe_selskoe_poselenie

 干支にちなんだ猪の紋章シリーズ。思ったよりも猪の紋章は数多く見つかったが、ただし、マイナーな集落ばかりだ。今回は、ロシア内陸部、ウラル山脈に近いペルミ地方のノヴォザレスノヴォ村。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

shpikulovskiy_selo_coa

 干支にちなんだ猪紋章シリーズ。これまた個人的に存じ上げないが、ロシア中央部のタンボフ州にシピクロヴォという村があるそうで、上に見るのがその紋章。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

nurminskoe_selo_coa

 干支にちなんだ猪の紋章シリーズ。まったく存じ上げないが、ロシア北西部のレニングラード州にヌルミンスコエという村があるそうで、その紋章が上掲のようなものである。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

Coat_of_Arms_of_Baltai_rayon_(Saratov_oblast)

 干支にちなんで、猪のシリーズ。ロシア沿ヴォルガ地方のサラトフ州に、バルタイという村があり、そこの紋章である(正確に言えば同村を中心としたバルタイ地区の紋章)。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

Coat_of_Arms_of_Rylsk_rayon_(Kursk_oblast)

 昨年の暮れから今年初頭にかけて、馬の紋章のシリーズを続けてきた。しかし、本来であれば、猪年になったので、年初から猪および豚のシリーズに切り替えた方がよかったかもしれない。というわけで、遅れ馳せながら、ロシアの猪紋章で、代表的なものを。クルスク州ルィリスク市というところの市章であり、以前も一度取り上げたことがあるが、再掲載する。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

Coat_of_Arms_of_Kuvandyk_(Orenburg_oblast)

 馬の紋章シリーズが続き、今週はロシア・オレンブルグ州の小都市、クヴァンディク市の市章。馬が主役になっている理由は不明なるも、白い線で描かれているのは当地を流れるサクマラ川だろう。

 大豊作だった馬シリーズだが、そろそろネタ切れだろうか。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

Coat_of_Arms_of_Siva_rayon_(Perm_krai)

 馬の紋章シリーズがまだ続き、今回はロシア・ペルミ地方のシヴァ村(正確には同村を中心としたシヴァ地区)の紋章。以前、ペルミ地方の紋章を集中的に取り上げたことがあり、それの復刻である。上掲のようにインパクト絶大なテイストながら、説明書きが見当たらず、なぜウマが描かれているのか、気持ち悪い模様のようなものが何なのか、判然としないのである。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

53968fce

 ロシアのウラル地方、チェリャビンスク州のカスリ市の市章であるが、実は当ブログでこれを取り上げるのはもう3回目である。1度目は池田正弘さんの著書『ロシア縦横無尽』を紹介する文脈で、2度目は確か民芸品・工芸品の産地シリーズで取り上げ、そして今回は馬の紋章シリーズである。製鉄の街として誕生したカスリは、「カスリ鋳物」と呼ばれる独自の鋳物産業を発展させ、今日でも「カスリ建築・芸術鋳物工場」が街を代表する企業となっている(大手鉄鋼グループ「メチェル」の傘下)。同社は鉄製のデコレーションや彫像などを生産し、全国的に知名度が高い。ゆえに紋章も、上に見るように馬のフィギュアのカスリ鋳物を描いたものになっているというわけである。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

RUS_Аскизский_район_COA

 馬の紋章シリーズは豊作で、年を越してしまった。今週取り上げるのは、シベリアのハカス共和国にあるアスキズ村(正確には同村を中心としたアスキズ地区)の紋章。上掲のとおり、左右を向いた馬が合成されたデザインになっており、これは恐らく、2つの村が合併して1つの村になったという歴史を表しているのではないかと思う。また、村では馬の飼育が盛んであり、この地では金も産出するということで、こういうデザインになった由である。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

Coat_of_Arms_of_Novoscherbinovskaya

 まだまだ続く、馬の紋章シリーズ。今回は、ロシア南部クラスノダル地方のノヴォシチェルビノフスカヤという小さな集落。コサックの駐屯地として発祥した集落らしく、コサックと馬は切っても切れないということで、紋章にも馬が描かれているようだ。それにしても、紋章の馬というのは、ほとんどの場合、左側を向いているものだ。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

Viesvilesherbas

 馬の紋章シリーズを続けていて、ちょっとロシアからは離れてしまうのだが(ただし国境を挟んでロシアのカリーニングラード州と向かい合っているらしい)、リトアニアのヴィエシヴィレという街の紋章が上掲のように気持ち悪いものなので、取り上げてみたくなった。半魚人ならぬ半魚馬? 素性はまったく不明。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

NurlatCoa2006

 馬の紋章シリーズが続き、今週はタタルスタン共和国ヌルラト市の市章。一説には「ヌルラト」という地名がタタール語で「輝かしい馬」を意味するとされ、それゆえに馬が街のシンボルになっているそうだ。単にシンボルであるだけでなく、街では乗馬、馬の繁殖が実際にも盛んなのだという。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

Coat_of_Arms_of_Konosha_rayon_(Arkhangelsk_oblast)

 馬の紋章シリーズが続く。今回は、集落としてはまったく無名ながら、馬が主役の紋章ということで、ロシア北部のアルハンゲリスク州コノシャ町の紋章を取り上げる。正確に言えばコノシャ町というよりも、同町を中心としたコノシャ地区の紋章であるが。

 元々、ここにはコノシャ川という川が流れており、そこから集落の名もついた。面白いのは、元々地名はフィン・ウゴル語起源であったのに、時代が経ちそのことが忘れられるにつれ、人々はこの地名が「コニ(ロシア語で馬)」と「ノシャ(ロシア語で荷物)」の合成語であると信じるようになり、この俗説が、白い馬が荷物を運ぶという紋章のデザインにもなった、ということである。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

yurga_city_coa

 馬の紋章シリーズ。ロシア西シベリア地方のケメロヴォ州にユルガという街があり、今週はこれを取り上げる。ケメロヴォ州は石炭で有名だが、ユルガは炭鉱街ではなく、むしろ炭鉱用の機械設備生産を主産業としているようだ。紋章の馬はこの街が若く労働の活力に溢れていることを象徴し、黒色は賢さを、炎は情熱を表すということである。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

Coat_of_Arms_of_Kologriv_(Kostroma_oblast)

 馬の紋章シリーズ。正直、個人的には聞いたこともない街だったが、ロシアのコストロマ州というところにあるコログリフという街の市章が、モロに馬のデザインだったので、これを取り上げる。ウィキペディアからの受け売りだが、民間伝承によると、コログリフとはたてがみが多く生えた種馬のことを指すといわれ、ゆえに街の紋章にも種馬の首から上が描かれている、とのことだ。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

300px-Emblem_of_Turkmenistan.svg

 馬の紋章シリーズを続けているが、馬と言えば、重要なものを忘れていた。トルクメニスタンの国章である。ウィキペディアからの受け売りだが、青い円の中に描かれているのは、アハルテケ(アカール=テケ、Akhal-Teke)と呼ばれるトルクメン人の誇りである優れた馬の品種ということである。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

Coat_of_arms_of_Prokopyevsk

 馬の紋章シリーズで、今週はケメロヴォ州の炭鉱都市、プロコピエフスク市。しかし、こうやって見ると、馬の紋章を制定しているところは、シベリアばかりだ。先週は北カザフスタン州だったが、同州だってシベリアの延長上みたいなものだし。

 なお、本日は編集を担当している月報の締切日なので、ブログは以上でお終い。また明日。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

severo_kazahstanskaja_obl_coa

 馬の紋章シリーズで、今週は北カザフスタン州(州都はペトロパヴロフスク市)。紋章コーナーにカザフスタンが登場するのは珍しい。まあ、この馬には羽が生えているので、厳密には馬ではなくペガサスと言った方がいいのかもしれないが。ともあれ、この馬またはペガサスは、農耕民と遊牧民の一体性を象徴し、未来志向や文化を表しているということだ。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

800px-Coat_of_arms_of_Tuva.svg

 馬の紋章シリーズで、今週はシベリアの少数民族地域、トゥヴァ共和国の紋章。正直言って、トゥヴァの紋章がこういうデザインだというのは、個人的にまったく認識になかった。トゥヴァ人が伝統的に騎馬民族であり、今日でも家畜の放牧を主たる生業にしていることを表しているのだろう。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

b_120_142_16777215_00_images_gerb_Russia_Altay_GerbBiysk

 馬の紋章シリーズ。先週は西シベリアのアルタイ地方の中心都市であるバルナウルの市章を紹介したが、今週は同じアルタイ地方のビースク市で、やはりその市章にも馬が登場する。ロシアの紋章で馬と言えばトムスクであり(先々週紹介した)、ビースクの紋章に馬が描かれているのは、当地がかつてトムスク県に所属したからである。ビースクの市章の下部に描かれているのは、鉱山の坑道であり、資源の豊かさを象徴するということである。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

Gerbbarnaul

 馬の紋章シリーズで、これも西シベリアの主要都市の一つ、アルタイ地方のバルナウル市の市章。個人的に、バルナウルの市章なんてのは今まで意識したことがなかったが、こんなデザインになっているのか。下部に描かれているのは高炉だそうで、その上を白馬が跳ねている。馬は、当地の鉱山や農業を牽引する力を象徴しているらしい。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

Tomsk_city_coat_of_arms

 週替わり紋章では、動物のシリーズを続けているが、クジラ編が終わり、今回から馬編をお届けしたいと思う。動物シリーズは、調べてみると、意外とネタがなかったりするのだが、馬はある程度の数はありそうだ。ちなみに紋章において馬は、勇気、慧眼、力、速さ、俊敏性を象徴するとのことである。

 第1回は、シベリアの主要都市の一つであるトムスクを取り上げることにしよう。ロシアの馬紋章の代表格だ。ちなみに、当然のことながら、当地を本拠地とするサッカークラブのトミ・トムスクも、そのエンブレムには馬が描かれている。

330px-Tom_2008_logo.svg

ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

image001

 しつこく続けてきたクジラの紋章シリーズも、これが最終回。最後は米東海岸、ノースカロライナ州カータレット郡というところの紋章をお届けする。描かれているのは、タイセイヨウセミクジラという種類らしく、同郡では今日その保護に力を入れているということである。というわけで、クジラのシリーズはこれにて終了。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

Sayward

 しつこく続く、クジラの紋章シリーズ。今回は、カナダの西海岸、バンクーバー島にあるセイウォード村というところの紋章。動物てんこ盛りのデザインだが、これはまあクジラの中でも、どう見てもシャチですな。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

310px-Zaanstad_wapen_1974_VNG

 ロシア圏からは離れてしまったが、まだ続く、クジラの紋章シリーズ。今回はオランダのザーンスタットという街。ご覧のとおり、紋章の盾を、左右2匹のクジラが支える形となっている。この街は、かつて捕鯨ビジネスで一時代を築いたということであり、それゆえにこのデザインとなっているわけである。かつての捕鯨の街の割には、今日では内陸に位置しているが、たぶん埋立てで国土が拡張された関係だろう。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

Molde_komm.svg

 クジラの紋章シリーズをお届けしているが、ロシア圏のクジラ紋章は、先週までの4ネタで尽きてしまった。そこで、ロシア以外のものも少し。これは、ノルウェーのモルデという街の市章である。ありがたいことに、ウィキペディアに日本語の説明があったので、以下引用させていただく。

 (この紋章は)1742年から使用されている。ニシンの入ったたるを追うクジラを表し、市の最初の産業である水産品と木材の輸出を象徴化している。モルデは捕鯨の町ではない。古来からクジラは精霊で、魚の群れを一年の何度かに追ってやってくる姿から吉兆のしるしだと信じられていた。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

Coat_of_Arms_of_Kola_(Murmansk_oblast)_(2016)

 クジラの紋章シリーズ。今回はロシア北極圏、バレンツ海に面したムルマンスク州コラ市の市章。コラ半島、コラ原発などで知られる地名だ。その市章が上掲のようなものであり、どう見ても人面魚にしか見えないが、これがクジラということである。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

Coat_of_Arms_of_Providensky_rayon_(Chukotsky_AO)

 クジラの紋章シリーズ。今回は、ロシア極東のチュクチ自治管区に位置し、ベーリング海に面したプロヴィデニヤ町の紋章(正確に言うと同町を中心としたプロヴィデニヤ地区の紋章)。先住民の伝統的な漁にちなむということであり、姿からしてホッキョククジラか。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

↑このページのトップヘ