5db0504c4bc378d7b89d411dddd72903

 当ブログでこの手の図解資料に頼るのは、たいてい多忙かつネタがなくて困っている時だが、今回も然り。こちらのページに、1897年に実施された国勢調査にもとづく帝国の30大都市ランキングという図が出ており、ちょっと面白いので、これを取り上げてみる。上図(クリックすると拡大)の赤い円が1897年の人口規模、青い円が今日の人口規模を表している。現代の都市名で箇条書きにすると、以下のとおりである(カッコ内は今日ロシア以外の国に所属している場合の国名)。色々発見があるけど、当時のオデッサの大きさが非常に目立ち、ウクライナというよりはロシアの重要都市だったことが伺われる。逆にドネツクなんかは圏外で、当時まだ小さかったんだねえ。あと、ロシアのシベリア・極東の都市、というかウラルの都市すらも、この時点ではまったく登場しない。

  1. サンクトペテルブルグ
  2. モスクワ
  3. ワルシャワ(ポーランド)
  4. オデッサ(ウクライナ)
  5. ウッジ(ポーランド)
  6. リガ(ラトビア)
  7. キエフ(ウクライナ)
  8. ハルキフ(ウクライナ)
  9. トビリシ(ジョージア)
  10. ヴィルニュス(リトアニア)
  11. タシケント(ウズベキスタン)
  12. サラトフ
  13. カザン
  14. ロストフナドヌー
  15. トゥーラ
  16. アストラハン
  17. バクー(アゼルバイジャン)
  18. ドニプロ(ウクライナ)
  19. キシナウ(モルドバ)
  20. ヘルシンキ(フィンランド)
  21. ミコライフ(ウクライナ)
  22. ミンスク(ベラルーシ)
  23. ニジニノヴゴロド
  24. サマラ
  25. コーカンド(ウズベキスタン)
  26. ヴォロネジ
  27. クルスク
  28. カウナス(リトアニア)
  29. オレンブルグ
  30. ヤロスラヴリ

ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ