1507660008

 こちらの記事によると、ロシア天然資源・環境省はこのほど、小売りチェーンにおけるレジ袋の使用を廃止することに前向きな立場を示した。同省では、包装のかなりの部分をチェーン店のレジ袋が占めており、それらは使用後にすぐに捨てられてしまうので、同省としてはプラスチックごみの削減に向けた提案は歓迎する、レジ袋の削減は疑いなく前向きな一歩であり、しかも紙袋やトートバッグなど代わりのものはある、などと指摘した。これに先立っては、小売企業協会に加入する一連の大手企業が、レジ袋の廃止につき討議していた経緯があった(ただし現時点では消極的な企業も多い)。また、2017年10月には、自然保護・環境担当の大統領特使であるS.イヴァノフが、レジ袋に環境税を課し、紙袋の生産を支援すべきだとの考えを示していた。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ