hi

 ちょっと変なことに気付いてしまった。ロシア連邦国家統計局の『ロシア統計年鑑』には、しばらく前から、「ハイテク製品」の輸出入という指標が掲載されるようになった。2016年版の年鑑までは、OECDの定義によるハイテク製品輸出入額が記載されていた。ところが、2017年版の年鑑から、ロシア産業・商業省の定義によるハイテク製品輸出入額が掲載されるようになり、同年版に載っているのは過去3年間の数字だけなので、過去のデータとの断絶が生じてしまったのである。上のグラフは輸出側について見たものだが、両者のデータには2倍ほどの乖離がある。

 なお、2016年のロシアのハイテク輸出が33,198とされているが、原典に示されている構成比および前年比伸び率から見て誤りではないかと思われ、正しくは42,000程度ではないかと見られる。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ