4760599

 こちらの記事などが伝えるところによると、鉄道車両の貿易をめぐりロシアとウクライナがWTOで争っていた問題で、WTOのパネルは、ロシアの主張を認めたということである。ロシア経済発展省のM.メドヴェトコフ通商交渉局長が7月30日に明らかにした。この係争は、ロシアが2013年からウクライナ製の鉄道車両、機関車等の輸入を不当に制限しているとして、2015年10月にウクライナがWTOに提訴したものだった。対象となっていたのは、ウクライナのクリュキフ、ドニプロ、マリウポリ、ハルキフの各工場の製品。ロシア側は、当該製品の輸入が2013年の17億ドルから2015年の1.1億ドルに低下したのは、意図的な制限によるものではなく、別の原因によるものであると主張していたが、今回WTOはその主張を全面的に認めたものだと、ロシア経済発展省はコメントした。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ