4694453

 ロシアの鉄鋼大手の一角であるマグニトゴルスク冶金コンビナート(MMK)は、トルコに生産子会社「MMK Metalurji」を有しており、主に熱延鋼板を生産している。しかし、こちらの記事によると、MMK Metalurjiの工場は17億ドルを投下して2010年に稼動したものの、その2年後に原料の高騰や需要の低下などの市場の逆風を受け、熱延鋼板の生産停止を余儀なくされた。そして今般マグニトゴルスクは、トルコ工場の熱延ロール生産再開を延期する方針を決めた。いったん2月に稼動再開の方針を決めていたが、米国の25%鉄鋼関税に対抗してEUが米国製品に対して同様の関税を課す可能性があり、そうした状況が明らかになるまで稼動再開を先送りにすることにしたと、同社では説明している。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ