pererabotka-othodov

 これはしばらく前のニュースだったのだが、個人的に見落としていた。こちらのニュースこちらのサイトなどに見るとおり、ロシアでは2018年1月25日付の政府指令により、「2030年までの生産・消費廃棄物処理・再利用・無害化産業発展戦略」が採択されたということである。産業・商業省がその実施に当たる。この種の政策文書では恒例だが、戦略の付属文書の中で数値目標が示されており、たとえば廃棄物のうち再利用・無害化されているものの比率は2016年時点では59.6%だったが、それを2030年代までに86%に高めるとしている。また、廃棄物の処理・再利用・無害化の設備に占める輸入品の比率は、60%から10%へと低下させるとしている。様々な産業分野ごとのリサイクル目標も示されており、私の研究している鉄鋼業の分野では、鉄スクラップの利用が2016年の2,340万tから2030年には2,760万tに高まるとされ、それによる鉄鉱石、コークスの節約を見込んでいる。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ