29572766_2050083428542018_8748866307325941241_n

 「ロシア輸出センター」のフェイスブックページをフォローしているのだけれど、このたび上掲のようなスライドが掲載されていた。ロシアの「非資源・非エネルギー輸出」の相手国上位20ヵ国を示し、2017年1月の輸出額と、2018年1月の輸出額とで比較したものである。1月が出たということは、今後毎月この図が更新されていくということだろうか? こういうのを見て、ロシア側が、「なぜ日本はロシアの非資源・非エネルギー商品を受け入れないのだ?」などと的外れな難癖をつけてきたり、それを受けて日本のその筋の方々が右往左往する様子が目に浮かぶ。「日本は国家貿易国ではない。各企業が自社の利益を最大化するために取引をし、その集積が結果として貿易額になるにすぎないのだ」と、言ってやればいいのに。

 なお、ロシアの非資源・非エネルギー輸出の基本点については、私の最新のレポート「ロシアの貿易構造改革は進捗したか」で論じているので、ご関心の向きはそちらをご覧いただきたい。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ