P1040054

 そんなわけで、ロシア出張から無事に帰ってきた。ロシアは3月18日投票の大統領選挙に向けてもう1ヵ月を切ったわけだけど、ロシア滞在中、その雰囲気をほとんど感じなかった。米大統領選のように候補者同士の討論会があるわけではなし(あったとしても本命プーチンは参加せず、その他のザコだけになるらしい)、日本の総選挙のように街頭演説やら選挙カーやら候補者のポスターがあるわけでもなし、とにかく選挙らしいイベントが乏しいのである。プーチン以外の候補のテレビCMは多少やっていたが、とても本気で勝ちに行くようなものではなく、政界における自分のニッチを確保しようというだけの宣伝なので、甚だ迫力には欠ける。街頭のビルボード広告はチラホラと見られ、一番多いのはロシア自由民主党のジリノフスキー氏のそれだった(それにしても、あの人の資金源はどこにあるのだろうか? 政権側が飼い慣らしてる?)。プーチン氏のビルボード広告は、私の今回のロシア滞在中には、3回くらいしか目にしなかった。見かけたとしても車での移動中で、写真を撮れずに残念に思っていたのだが、一番最後、サラトフの空港から帰途に就く時に、運良く空港の駐車場のすぐ目の前にプーチン広告があったので、ようやく写真に収めることができた。

 まあ、プーチン氏の場合は、国内を行脚して様々な企業やイベントを訪問したりすることが実質的な選挙キャンペーンであり、他のザコ候補のようないかにも選挙運動的なことをあえてしないことで、逆に差別化を図っているのだろう。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ