P1020462

 ロシアでは、ヨーロッパ部はむしろ暖冬なのだが、シベリアやウラルといった内陸部で寒波が続いている。私は昨日からウラル地方のエカテリンブルグに滞在しているのだけれど、マイナス30度近い中で外を歩いたら、個人的に体験したことのないレベルの酷寒で、生命の危険を感じたほどだった。個人的に、ベラルーシには3年住んだし、冬のロシアにも何度も来ているものの、ここまでヤバいレベルの寒さは記憶にない。自分が、寒さが大の苦手であるにもかかわらず、間違ってロシア研究者になってしまった人間だということを、久し振りに思い出した。

 上掲写真は、エカテリンブルグ版の雪祭り(ていうか、雪より氷の方がメインだが)。年末・年始限定の催しだったようで、今日の夕方にはもう撤去作業が始まっていた。

 一方、自分が留守にしている東京でも稀に見る大雪で、ホームタウンの北千住が停電で大混乱などという話を聞くと、それはそれで見てみたかった気もする。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ