svg

 月曜日なので、週替わり紋章を。現在やっているのは、パラダイス文書に触発された、タックスヘイブン・シリーズの復刻で、本日はバーレーン。

 中東のバーレーンがタックスヘイブンだという認識は、個人的になかった。まあ、ただ、中東の中では有力な金融センターらしい。紋章に関する説明は、こちらから引用させていただく。

 バーレーンの国章は、バーレーンがイギリスの保護国であった1932年に、イギリス人顧問チャールズ・ベルグレーヴが首長のためにデザインした紋章が前身である。1971年の独立後は、国章となった。1971年と2002年にわずかにデザインが変更されている。中央の盾には、縦にしたバーレーンの国旗が描かれている。その周囲のマントは国旗同様、赤と白の二色になっている。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ