svg

 パラダイス文書に触発されたタックスヘイブンのシリーズの復刻で、今回は西インド諸島に位置するバハマ。上に見るように、南国情緒たっぷりの紋章である。タックスヘイブンって、住んだら楽しそうなところが多いなあ。こちらの説明書きを引用させていただく。

 バハマの国章は、中心に国家の象徴と盾が描かれている。その盾はマカジキとフラミンゴで支えられている。国章の上部、ヘルメットの上にある盾は、巻貝である。巻貝は、バハマ諸島の様々な海の生命を代表するものとして描かれている。その下の、太陽の下で航行する船をシンボルとして描かれた盾は、クリストファー・コロンブスのサンタ・マリア号の象徴である、と伝えられている。最下部に描かれている文字は、国の標語である。盾を支えているフラミンゴとマカジキは、国の象徴的な動物であり、それぞれ、大地と海を現し、島の地理を示している。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ