ele

 こちらの記事が、ロシア、ベラルーシなどからなるユーラシア経済連合が、2019年6月までに共同電力市場を始動させる可能性があるということを伝えている。ユーラシア経済委員会の広報部が明らかにしたもの。加盟国の大統領らが、それに向けた作業を求めたということだが、共同市場の詳細は今後の協議に委ねられている。国境を越えた電力のやり取りの際の単一窓口、価格形成などを定めた協定が締結されることになる。近く、国境を越えた送電の価格形成メカニズムなどを、ロシアが提案する予定である。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ