4596194

 個人的に、大きな勘違いをしていたということに気付いた。以前当ブログで、「ロシア・ワールドカップで使用される公式球『クラサヴァ』」というエントリーをお届けしたことがある。しかし、実はこのクラサヴァはワールドカップではなく、コンフェデだけの公式球だったのだ。完全に、勘違いをしていた。

 そして、今般、こちらのニュースなどが伝えているように、来年のワールドカップ・ロシア大会の公式球「テルスター18」が正式に発表された。それが上掲の写真である。面倒なので、説明はこちらのサイトから拝借する。

 10日、アディダスは2018 FIFAワールドカップ ロシア大会で使用される公式試合球「TELSTAR 18(テルスター18)」を公開した。テルスターは、1970年のメキシコW杯、1974年の西ドイツW杯の公式試合球にも採用された名称で、「ワールドカップを世界中の人々がテレビで観戦出来るようになった時代のスター」という意味からネーミングされた。「サーマルボンディング製法」で縫い目のない表皮にすることで、どこを蹴っても同一の反発力を生み、より正確なパスやシュートを生み出す構造を実現。さらに、新形状の6枚均一パネルを採用し、ボールバランスと飛行安全性を両立している。加えて、ボール内部には専用のNFCタグが埋め込まれており、スマートフォンと連動させることで、様々な情報を取得することができる。TELSTAR 18は、14日の日本対ベルギーの国際親善試合で使用予定となっている。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ