1508415367-6360

 こちらの記事によると、ウクライナのザポリージャ自動車工場(ZAZ)では現在、稼働率が10~15%に落ち込んでいる。1時間当たりの生産台数が3台にすぎず、これは2013年の10分の1の水準である。M.エウドキメンコ社長が、マスコミ向けの工場見学会の場で明らかにした。従業員数は2013年の5,000人から、現在の2,500人へと、半減した。不振の原因はウクライナ国内市場の販売難である。2016年のウクライナ乗用車市場における新車の販売台数は41%減少し65,500台に終わった。ただ、2017年1~9月では前年同期比31%増大し、57,800台となっている。2016年にZAZは前年の2倍に当たる6億グリブナの純損失を計上した。ZAZは2014年12月から2015年4月までは全面的な操業停止を余儀なくされた。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ