1480916503

 どこかの国の金融当局の目論見ではないが、こちらの記事によれば、ロシアのA.クドリン元副首相・蔵相がロシア国民に対し、銀行預金の金利が低下する中で、「貯蓄から投資へ」の転換を呼びかけているということである。クドリンいわく、現在多くの人々が、どのような株式に投資したらいいのか迷っている。しかし、より信頼感のあるものがある。それは債権であり、国債および民間債の両方だ。債権の利回りはより高く、現在ロシアではそれへの転換が生じていると見ている。銀行預金の金利が4~6%程度に低下しているところ、国債の利回りは8%程度だ。株式に関して言えば、まずはブルーチップや投資信託といった簡単なものに投資し、次により高度なセクター別の投資に、その次にデリバティブに移行すればよいと、クドリンは語った。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ