1490098115

 こちらのリリースこちらの記事などが伝えているように、EUは6月28日、対ロシア制裁をさらに半年間延長することを正式に決定した。元々は2014年7月31日にウクライナ情勢に関連して導入されたものであり、数度の延長の末、7月31日に切れることになっていた期間を、2018年1月31日までさらに半年間延長したもの。

 上掲記事によれば、今回の決定につきロシアのA.メシコフ外務次官は、制裁とロシア側の対抗措置により傷んでいるのはむしろEU諸国の経済であるということはEU側の独立専門家たちも指摘している、制裁延長の決定に関しては失望しかない、またしてもEU内の攻撃的な少数派の声がまかり通ってしまった、などとコメントした。クレムリンのD.ペスコフ大統領報道官も、ロシアは対抗制裁の延長で応じることになる、相互主義の原則は曲げられない、などとコメントした。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ