これはロシアの産業界にとってはなかなか重要な話題。こちらなどが伝えているように、ロシアで開発されている双発中短距離ジェット旅客機「イルクート MS-21」(座席数は150~211席となる)が、5月28日に初飛行を無事に終えた。テスト飛行は、時速300km、高度1,000mで行われ、30分ほど続いた。マントゥロフ産業・商業相によれば、2037年までに1,000機を販売することを見込んでいるという。政府は市場開拓などを支援する。下に見るのは、こちらのサイトに出ている図解資料。

1444084117

ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ