plan-importozamescheniya

 当ブログでも累次お伝えしているとおり、現下ロシアで経済政策の柱となっているものの一つに、輸入代替政策がある。そして、それはモノだけでなく、ソフトウェアにも当てはまる。メモしておくと、こちらのサイトに見るように、ロシアでは2015年4月1日付の通信マスコミ省の省令により、コンピュータプログラムの輸入代替計画が承認された。その付属文書により、上掲のとおり各種プログラムの輸入代替目標が明記された。たとえば、1番上の「ビジネスソフト」では、2014年現在の輸入依存度が75%であるところ、それを2020年までに50%以下に、2025年までに25%以下に引き下げるという目標が掲げられている。なお、2番目に掲げられているのがアンチウィルスソフトで、ロシアにはカスペルスキーがあるので国産比率が高いのかと思ったら、意外とそうでもないようだ。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ