1476975322

 こちらなどが伝えているように、1年以上続いてきた石油ガスをめぐるベラルーシとロシアの対立が、このほどようやく解決した。ロシアからベラルーシへの天然ガスと石油の供給条件に関し、両国政府間で妥結し、4月13日に合意文書(複数)に署名したものである。今回の文書署名に先立っては、ガスプロムが、ベラルーシから2016~2017年のガス代金7億2,620万ドルを満額受け取ったと発表していた。

 今回の合意によれば、ロシアはベラルーシ向けのガス価格に、現行の価格決定方式から割引する係数を適用する。また、原油供給は、削減前の水準である年間2,400万tに戻すこととする。ただし、合意の細部は公表はされていない。

 ガス供給価格は、2017年は現行のままで、2018~2019年は13日にガスプロムのミレル社長とベラルーシのセマシコ副首相が調印した覚書に沿って決定される。ただし、詳細は明らかになっておらず、ガスプロムでは単に「従来通りヤマロ・ネネツ自治管区での価格にリンクして決められる」と説明している。ロシアのドヴォルコヴィチ副首相は、2018年からベラルーシ向けの単価は130ドル以下となると言明している。両国が加盟するユーラシア経済連合では、2025年に共同ガス市場を発足させることになっており、両国はそれに向けて2018年までにそれぞれの提案を示すことになった。

 原油供給に関しては、2017年から2024年まで、年間2,400万tをパイプラインで供給することになった。なお、2021年以降、供給を2,400万tよりもさらに拡大する可能性もあるとされている。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ