mobile_high-2iz

 2017年3月2~6日にロシアのレヴァダ・センターが汚職問題に関する世論調査を行ったそうで、その結果概要がこちらのサイトに出ている。それを紹介した記事がこちらであり、上掲の図はその記事から拝借したもの(3月2日にナヴァリヌィがメドヴェージェフ汚職糾弾動画を発表し、その当日に調査が始まるとは、何とも手回しが良いというか)。

 日本人が「汚職」と聞くと、大臣などの権力者による悪事というイメージを抱くのではないだろうか。しかし、これはロシアでも、ウクライナでもそうだが、あちらの国でコラプションと言った場合には、政治家や役人だけでなく、医者や教育者への賄賂といったことも含んでおり、国民に非常に身近な現象なのである。ロシア国民は誰しも、自分が賄賂を贈ったり、受け取ったりする当事者になる可能性があるわけだ。したがって、今回のレヴァダ・センターの調査でも、まずは国民にとって身近なそうした汚職問題についての意識が問われている。

 その上で、政権幹部による汚職の問題も問われている。ただ、その際に最高指導者のプーチンは、汚職の大元、親玉というよりも、その権力を行使して汚職を根絶すべき存在といった位置付けをなされているように思われる。

 設問の中に、「野党は政権幹部の汚職、資金不正利用について常に批判しているが、プーチンはその蔓延にどの程度責任があるか?」というものがある。回答状況は以下のとおりで、それを図示したのが上図である。プーチンへの批判の声が趨勢的に高まっているというわけではなさそうだ。「プーチンがより一層強権を発動して悪事を取り締まってほしい」と考えるのが、ロシア国民の一般的なメンタリティなのではないだろうか。

  • 完全に責任がある:25%
  • かなり責任がある:42%
  • 一部責任がある:20%
  • 責任があるはずはない:9%
  • 回答困難:4%

ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ