238498631

 こちらの記事が、米トランプ政権の発足がベラルーシに及ぼす影響について論じているので、骨子をまとめておく。

 トランプの就任演説は、若き日のルカシェンコのそれと似た面があった。ルカシェンコは1994年大統領選で、特権層を押さえ付けて庶民の真の体現者となるということを約束し、庶民の共感を勝ち取ったが、トランプもまた権力をワシントンから庶民の手に取り戻すのだと述べた。

 ちなみに、ルカシェンコは9月の時点でトランプの勝利を予想し、その際に「アメリカ社会はまだ、女性を大統領に選出するところまでは至っていない」と余計なことを述べた。ルカシェンコは、ポピュリストの本能で、米社会はポピュリズムへの大きな需要があるということを見抜いたのだろう。ルカシェンコはトランプに同類としてのものを感じ取り、彼とならばベラルーシと米国の関係改善を期待できると考えたのかもしれない。かつてウーゴ・チャヴェスと意気投合したのと同じである。

 しかし、米国のような民主国家は政策決定過程が透明なので、トランプに対ベラルーシ制裁解除などを個人的に働きかけようとしても、合意をするのは困難だろう。トランプはおそらくベラルーシという国の存在も知らないかもしれないし、彼が近いうちにベラルーシに関係した政策決定をするとは思えない。

 ベラルーシ戦略研究所のデニス・メリヤンツォフも、トランプはベラルーシの行く末にごくわずかな影響しか及ぼさないと指摘する。ベラルーシという国がどこにあり、その情勢を多少なりとも知っている人間は、米国務省には3人しかおらず、米国にとってベラルーシは優先事項ではなく、明確な対ベラルーシ政策もない。現在両国間では外交関係の改善が緩慢に進んでいるだけだというのが、メリヤンツェフの見方である。

 他方、アンドレイ・フョードロフのように、トランプとプーチンが接近すると、新たなヤルタ協定のような事態が生じ、ベラルーシがロシア国家に完全に取り込まれてしまう恐れがあると警鐘を鳴らす専門家もいる。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ