7c3305cf02106075cc340e3c37debe55

 こちらによると、ウクライナの省庁間国際貿易委員会は、ロシア産の肥料にアンチダンピング関税を課す決定を下した。ウクライナは2014年にロシア産の硝酸アンモニウムに20.51~36.03%のアンチダンピング関税を課したものの、その時には対象品目が硝酸アンモニウムだけだったので、ウクライナのユーザーは尿素や尿素・アンモニア混合物をはじめとするその他の窒素肥料にシフトしたという経緯がある。そこで今回、より広範に、尿素および尿素・アンモニア混合物に対象を広げることになったわけである。従来はウクライナにロシア産の尿素および尿素・アンモニア混合物を輸入するには5.0~6.5%の関税支払が必要だったが、今後はアンチダンピング関税がそれに加算されることになる。

 もう一つ、肥料・化学関係の話題で、こちらの記事によれば、ウクライナ国営の化学品パイプライン輸送会社は、ロシアのトリヤッチアゾト社のアンモニアをオデッサまでパイプライン輸送する業務を、このほど停止したということである。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ