06-01-gr1

 カザフスタンが(他のNIS諸国もそうだけど)独立25周年を迎えたということで、こちらのサイトにはその間のカザフの経済発展動向と、今後の展望を占った記事が出ている。それを熟読している余裕はないのだが、目に飛び込んできたのが、一番上に掲載されたいた図。ロシアを除いたNIS諸国のドル建てGDPが、1991年(黒)と2015年(赤)とでどう変化したかを図示している。1番上にあるのがカザフ、2番目がウクライナである。この四半世紀でカザフのGDPは7.4倍になったということである。それに対し、かつてNISの中では経済規模で圧倒的なリーダーだったウクライナはドル建てGDPがほとんど伸びておらず、この国だけ他の国とは違う図式を描いていることが浮き彫りとなっている。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ