515JNRkKLAL__SX353_BO1,204,203,200_

 先日もちらりと書いたが、東アジアのスラヴ研究学会に出席するため、今日から月曜日まで上海出張である。そこで、こんな本はどうだろうか。高橋基人著『こんなにちがう中国各省気質 ―31地域・性格診断』(草思社、2013)年。内容は、

 中国と一口に言ってもとてつもなく広い。東北地方から海南島まで、沿海部から青海省、チベットまで、住んでる民族もちがえば、文化もちがう。顔がちがう、食物がちがう。「反日デモ」で大騒ぎする報道の向こう側で、どんな人が住み、どんな暮らしがあるのか。住んでいる地域別に人びとの気質を体験的に説いた、面白い中国人論。北京、上海、東北三省から海南島、沿岸部から敦煌、チベットまで、広い中国、ところ変われば、人も変わる、文化がちがう、食べ物がちがう。「反日デモ」報道ではわからない中国人の本当の顔。

 といったものだ。ベテランの元企業駐在員が書いたものなので、非常に真に迫っている。ただ、全部一気に通して読破するような本ではないので、以前買ってチラチラ読んでいたのだが、今回上海に行くということで、上海の部分を読み返した次第。

 上海人の気質は、「精明(ジンミン)」という言葉に象徴される、ケチで小心者で目先の利益にこだわりがちなところ。中国人は皆、上海の街は好きだが、上海人は嫌いだ、と言うそうである。



ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ