n_19577

 こちらの記事によると、パナソニックはベラルーシでテレビの組立を行い、ロシアをはじめとするユーラシア経済連合市場(注:原典では関税同盟市場となっているが、言い換えさせていただく)で販売する予定ということである。ロシア市場の現実に適応し、品質の良い製品をリーズナブルな価格で提供することが目的だという。10月には商品が店頭に並ぶ予定。パナソニック・ロシアの家電部門トップのセルゲイ・コジェヴニコフ氏が明らかにした。供給されるのは24、32、43型のHDおよびフルHDのVIERAで、中価格帯に属する。日本のエンジニアや現地のスタッフが参加して現地モデルを開発した。品質を確保するため、最良の部材が使用される。生産をユーラシア経済連合域内に移すことで、同等の輸入品より10~15%程度安くできる。ベラルーシでの生産は、現地パートナーの施設を使って、委託加工方式で実施される。パナソニックではユーラシア経済連合諸国での現地生産に関しいくつかの選択肢を検討したが、これが最も高品質で、生産の柔軟性およびスピードが得られると判断した。ベラルーシのパートナーは、パナソニックのブランドに恥じない高品質を提供できる。

 パナソニックはキッチン家電でロシア市場に合わせた製品の投入を以前から手掛けており、電子レンジ、パン焼き器のプログラムをロシア向けに調整したものを出している。マルチクッカーなどは、まさにロシア法人で考案され、最初にロシアに投入された。CIS市場に最適化されたパナソニックの電子レンジは、最近ベラルーシで生産が始まった。コジェヴニコフ氏は、詳細は明らかにできないとしながら、パナソニックではユーラシア経済連合における現地生産の拡充を検討していると述べた。

 他の外資勢では、韓国系のサムスンが先日、カルーガ州の工場で生産した洗濯機を欧州市場(中東欧だけでなく西欧にも)に輸出すると表明。日本のソニーは、フラッシュメモリー、USBメモリーをロシアで生産すると表明した(ロシアでの加工はごくプリミティブなものだが、それでもロシア製と扱われる)。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ