zavod1_d_850

 こちらのニュースによると、ロシアなどで結成するユーラシア経済連合では、来年2017年から、域内で生産された製品に「メイドイン・ユーラシア経済連合」というラベルを添えることになっているそうである。事務局であるユーラシア経済委員会のニコライ・クシナリョフ産業政策局長が明らかにした。現在は、どのような製品がそれに該当するか、評価基準を制定しているところである。域内生産品と認定されると、政府調達などでの優遇が受けられる。すでにロシアなど一国レベルではそうした優遇制度があるが、それをユーラシア全域に広げ、たとえばベラルーシ製品であってもロシアの政府調達でロシア製品と同等の扱いを受けられるようになる。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ