Brasão_de_Cuiabá_-_2

 ブラジル・マットグロッソ州の州都で、南アメリカ大陸のほぼ中心に位置するというクイアバ。久し振りに、2014年FIFAワールドカップ開催都市だ。日本代表がコロンビアと戦って1:4惨敗したのがここであり、すなわちザッケローニ・ジャパン終焉の地ということになる。金鉱の発見にともなって形成された集落が起源ということなので、紋章のモチーフになっているのもそれなのだろう。あと、パラグアイとの戦争で荒廃した後に復活した街らしく、上の方に描かれている不死鳥がそれを象徴しているのかな。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ