KMO_148632_00006_1_t218_235759

 こちらの記事によると、ロシア政府はこのほどモルドバに対し、通商関係を回復させるための措置をリストアップした「工程表」を提示したという。ロシア連邦政府の経済発展省のイリヤ・ガルキンCIS諸国経済協力・ユーラシア統合発展局長が、在ロシア・モルドバ大使館に送付した。7月5~6日にドミトリー・ロゴジン副首相(ロシア・モルドバ通商経済協力委員会の共同議長も務める)がモルドバを訪問することになっていたので、その1週間前の6月28日にモルドバ側に伝えられた。『コメルサント』が入手した工程表は14項目から成り、一部はモルドバがEUと結んだ連合協定と抵触するようなデリケートな項目も含んでいる。ロシアはモルドバ側に対し、2011年10月18日付のCIS自由貿易条約や、認証・度量衡・標準・検疫に関する諸協定で負った義務を全面的に履行するよう求めている。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ