突然ですが、私、ロボット飼い始めました。まあ、お察しのとおり、ロボット型掃除機ですけどね。4月に出たばかりのパナソニックRULO MC-RS200というやつ。製品概要については、上の動画でも参照していただきたい。昨日初めて使ってみたのだけれど、同じとこばかり妙に念入りに行き来したり(全体を満遍なくやってくれると有難いのだが)、毛足の長い絨毯に絡まったりと(後で取説を読んだらNGだと書いてあった)、第一印象はちょっと微妙だったかな。まあ、おいおい、もうちょっと上手く使いこなしたい。

 でまあ、そんな個人的な話だけではブログのネタとして忍びないので、ついでにロシアの掃除機販売市場のことを調べてみた。目に留まったのが、こちらの記事である。この記事によれば、2015年の時点でロシアにおける掃除機販売の54%がサイクロン型になっており、残りは従来型のフィルター式が約3割、水フィルター式が約2割だという。一方、ロボット型の掃除機に関しては、消費者はその利便性に注目はしているものの、まだ4%程度の割合しか占めていない。2015年のブランド別の販売数量シェアは、サムスン:13%、フィリップス:11%、ダイソン:10%などとなっている。

 乗用車やスマホの市場などを見ると、新しいものに飛びつきたがるロシア人だが、ロボット型掃除機の普及はそれほどでもないようだ。

soujiki

ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ