686dd34c267d579a852db2c948080f30

 モルドバでは、左派系野党主導の不信任案可決により、2015年10月29日にV.ストレレツ内閣が退陣に追い込まれていた。わずか3ヵ月の在任期間だった。その後はGh.ブレガ氏が首相代行を務めてきた。

 そして、こちらの記事などが伝えるとおり、1月20日に議会が賛成多数で民主党のD.フィリプ氏を新首相に承認した(101議席のうち57名が賛成)。野党側は議会が突然召集され、わずか30分の審議で採択されたと反発、投票結果の無効化を求め、議事堂前では抗議デモも始まった。しかし、そうした騒然とした雰囲気の中で、フィリプ新首相は大統領府で就任式を強行した。

 こちらによれば、欧州議会はモルドバ新政府の成立に歓迎の意を表したということである。

 なお、モルドバ政局ゴタゴタの背景に関しては、藤森信吉さんのレポートを参照。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ