photo_174392

 こちらに、専門家らが語る2016年カザフスタンの見通しというのが出ている。ちょっと紋切型の解説が目立つのだけれど、一応チェックしておく。

 アルマティ経営大学のエルラン・イブラヒムの見解。カザフ経済に迫る経済リスクは大きい。高インフレ、通貨下落、テンゲへの信認低下、物価上昇と商業の縮小、企業の支出削減に伴う失業の増大、国民の所得低下による治安の悪化など、かなり深刻である。唯一の好材料は、危機が深刻であるほど、回復が早いということ。カザフスタンが資源の呪いから最終的に逃れるためには、危機を経験しなければならないということなのだろう。

 社会問題分析センターのメルエルト・マフムトヴァ所長の見解。国際石油価格がこれ以上下がると、財政歳入の低下に繋がる。しかし、通貨の切り下げを利用して歳入増を図る方法は、国民の生活水準を大きく低下させる危険が大きいので、政府がその手段にさらに訴える余地は限られてくる。石油ガス部門の不調が周辺分野にも影響を及ぼし、経済が縮小する。輸入物価の上昇で、インフレスパイラルが招かれる。テンゲへの信認が回復するのは、経済が安定的に成長した場合である。翻って、それが可能になるのは経済が多角化し、石油価格のみに翻弄されないようになった場合である。ドル流通を規制したところで、経済の非ドル化は達成できない。ドル預金の金利を引き下げたとしたら、資本が銀行システムから流出することを促す危険性がある。2016年には企業の支出削減で雇用が低下する恐れがある。良い側面があるとすれば、油価低下で、政府がこれまで目を向けてこなかった非石油部門に力を入れるようになることである。GDPの半分以上はサービス部門であり、カザフには教育、医療、運輸、通信、銀行、旅行、ホテルなど、サービスの質の悪さという問題があるので、こうした部門に底上げの可能性がある。

 経済政策研究所のカイルベク・アルィスタンベコフ所長の見解。カザフスタンの国際収支に問題が生じる恐れがある。一般的なイメージとは異なり、2015年1~9月のカザフの経常収支は赤字であり、それは貿易収支の黒字縮小だけでなく、所得収支の赤字にも起因している。2016年にもこの赤字が続けば、それは外国からの投資の流入か、(投資の流入が途絶えた場合には)中銀の外貨準備でファイナンスしなければならない。政府は、経済の構造的な矛盾と不均衡を中立化するという課題に直面しており、2016年の成否は政府がどれだけ成功裏にその課題に対処できるかにかかっている。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ