photo_172861

 こちらのニュースによれば、カザフスタンで首都アスタナに国際金融センターを創設する法案が、ナザルバエフ大統領の署名により成立したということである。この措置は、「5つの構造改革のための100の措置国民計画」の一環として実施されるもの。国際金融センターは2017年から始動すると予定されている。金融センターの領域内では優遇税制がとられ、センターの入居者は法人税、資産税、土地税の支払いを50年間免除されるほか、外国人職員の所得税も免除される。外国人は、労働許可を得ることなく、センター内で働くことができる。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ