logo-jreast

 JR東日本の上野東京ラインというのが3月14日に開通した。私は北千住在住なので、その常磐線部分が関係してくることになる。今まで常磐線は上野までしか行っていなかったわけだが、それが今後は一部の列車は東京駅まで、さらには品川まで行くわけである。

 これまで私は東海道新幹線に乗って帰京した際に、東京駅→日暮里駅(山手線もしくは京浜東北線)、日暮里駅→千住大橋駅(京成本線)というルートで帰宅していた。私の場合、普段の通勤なんかでは北千住駅を使うけど、一番近いのは千住大橋なので。ただ、このルートでは、乗り換えがあるし、京成本線の運賃も発生する。もしも、品川駅もしくは東京駅で常磐線に乗れるなら、それで北千住まで行けて、乗り換えが少なく、追加運賃も発生しないことになる。品川が始発なので、たぶん座れるだろう。所要時間は多少伸びるかもしれないが、ラクに家まで帰れそうである。

 ところが、品川発の常磐線は22時台に終わってしまうので、利便性は限定される。たとえば、静岡にサッカーの試合を観に行ったとする。夏場の試合は21時終わりなので、試合終了後にIAIスタジアムから静岡駅にかけつけると、乗れる新幹線は22:11静岡発のひかり号になってしまう。すると、23:03品川着、23:10東京着ということになり、その時間帯にはもう両駅からの常磐線は出ていないのである。

 せめて試合開始を18:30にしてくれると、帰りに21:37のひかり号に乗れるんだけどなあ(一体どれだけ個人的な都合の話なんだ)。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ