ロシア・ウクライナ・ベラルーシ探訪 服部倫卓ブログ

ロシア・ウクライナ・ベラルーシを中心とした旧ソ連諸国の経済・政治情報をお届け。

umou

 当ブログでは先日、「ウクライナ産ダウン『ムーングース』が日本上陸」というエントリーをお届けした。それで、その時収集した情報から、どうもウクライナから日本にダウン製品だけでなくダウン(羽毛)の原料も輸入されているのではないかと推察された。そこで、このたび貿易統計を調べて、上掲のとおり、日本の羽毛の輸入相手国のデータをまとめてみた。

 ただ、その際に問題になったのは、HSコードの中で、羽毛に該当しそうなのが2つ存在したことである。一つは、HS5050であり、「羽毛皮その他の羽毛付きの鳥の部分、羽毛及びその部分(加工してないもの及び単に清浄にし、消毒し又は保存のために処理したものに限るものとし、縁を整えてあるかないかを問わない。)並びに鳥の綿毛(加工してないもの及び単に清浄にし、消毒し又は保存のために処理したものに限る。)並びに羽毛又はその部分の粉及びくず」という品目である。もう一つは、HS6701であり、「羽毛皮その他の羽毛付きの鳥の部分、羽毛、羽毛の部分及び鳥の綿毛並びにこれらの製品(この項には、第0505項の物品並びに加工した羽軸及び羽茎を含まない。)」という品目となっている。要するに、前者が原料としての羽毛であり、後者は加工・調整された羽毛および羽毛製品ということのようだ。調べてみると、後者の6701は私の関心国であるロシア・NIS諸国からの輸入は皆無であるのに対し、前者の5050は表に見るとおりウクライナおよびロシアからそれなりの量が輸入されていることが確認できた。

 なお、表だけ見ると、ウクライナからの輸入が右肩上がりで伸びているように見えるものの、同国からの輸入は実は表にはない2005年の168トンが最高であり、2018年は最高記録というわけではなかった。

 ていうか、輸入相手国の変化もさることながら、21世紀に入ってから、日本の羽毛原料の輸入量はほぼ半減しており、その方がちょっと気になる。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

755440023807817

 こちらの記事が、2018年のロシアのソーシャルメディアを総括して、注目すべき6つのトレンドということを伝えているので、以下のとおり簡単に整理しておく。

  1. インスタグラムのユーザーが爆発的に増えた。
  2. FB、VK、アドノクラスニクなどで、動画形式の投稿が増えている。
  3. プラットフォームのテーマ化、個人化が進んでいる。
  4. ユーザーの年齢層の上昇。
  5. ユーザーを囲い込もうとするソーシャルメディア間の競争激化。
  6. 以前のような自慢ではなく、自分の抱える問題などを率直に表現することが好まれるようになっている。

ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

byru

 ベラルーシの経済成長率は、ロシアのそれとほぼ連動し、なおかつ、石油価格に大きく左右されるということが知られている。このグラフはそれを示したもので、折に触れ更新しているが、今般2018年の数字が出揃ったので、2018年まで伸ばしてみた。2018年も法則どおりの結果となった。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

 



Coat_of_Arms_of_Baltai_rayon_(Saratov_oblast)

 干支にちなんで、猪のシリーズ。ロシア沿ヴォルガ地方のサラトフ州に、バルタイという村があり、そこの紋章である(正確に言えば同村を中心としたバルタイ地区の紋章)。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

obshche

 こちらに、ロシアの外食産業の発展動向についての記事が出ている。NPDグループというところが、ロシアの大都市圏の市場を調査したということである。

 これによると、2017年のロシア外食産業の成長率が2.0%だったのに対し、2018年には5.1%の伸びとなり、成長が加速した。2018年には、モスクワの伸びが4.0%、サンクトペテルブルグの伸びが0.6%だったのに対し、地方都市は12%伸び、地方都市が全体の成長を牽引した。セグメント別では、所得水準がそれほど高くない地方都市の需要にマッチしたファーストフードの伸びが大きかった。ファーストフード優位のトレンドは2019年も続くと見られる。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

300

 きわめて珍しいことに、ウクライナ絡みのポジティブな話題が伝えられた。日経のこちらの記事が、次のように伝えている。

 アパレルPRを手がけるワンオー(東京・渋谷)はウクライナのダウンブランド「ムーングース」からジャケットなど17種類のダウン製品を2019年秋冬シーズンから発売する。日本における独占輸入販売権をこのほど獲得した。ウクライナのモナコレクション社が自社工場で一貫製造する商品で、保温性が高く、最高級といわれるホワイトグースのダウンを使用する。男性用、女性用の双方をそろえ、ジャケットのほかベストやスカートを用意した。ダウン製品の価格帯は税別4万9千~13万5千円。百貨店やセレクトショップで9月ごろに販売を始める予定だ。

 アパレルに疎い当方は「ムーングース」というのをまったく知らなかったので、調べてみた。ウェブサイトはこちらであり、英語とロシア語のページがある(ウクライナ語はない)。会社案内はこちらのページに出ていた。これによると、「ムーングース」というのは会社名ではなくブランド名であり、「第一キエフダウン製品工場」が2016年に立ち上げたブランドということである。工場自体は1946年創業と歴史のあるところで現在はダウン原料および製品を欧米および日本に供給するトップメーカーとなっている。ウクライナで唯一、ダウン製品を一貫生産する工程を有しており、その優位を活かしてプレミアム品質の製品を手頃な値段で供給できる、とうたっている。日本の伊藤忠商事とも協力関係にあると書かれている。

 なお、上掲のとおり、日経は「ウクライナのモナコレクション社が自社工場で一貫製造」と伝えているが、モナコレクションのHPはこちらで、モナの方はダウン寝具を専門としており、そちらのメーカー名は「キエフダウン工場モナ」と記されている。「第一キエフダウン製品工場」と「キエフダウン工場モナ」が同一経営のものなのか、確認がとれなかった。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

 



43

 私の「週刊ロシア経済」などでもお伝えしているとおり、ロシア経済を巡っては悲観論が蔓延しており、当面の成長率はせいぜい1.5~2.0%の範囲内で推移するのではないかという見方が一般的だった。ところが、2月4日にロシア連邦国家統計局が発表したロシアGDPの速報値によれば、2018年にロシア経済は実質2.3%の成長を遂げたとされている。大方の悲観的な予想を覆す上々の数字であり、関係者は驚きをもって受け止めている。

 問題のロシア統計局によるリリースは、こちらに出ている。2018年のロシアのGDPは、名目価格で103兆6,266億ルーブルだった。実質ベースで、前年比2.3%成長した。支出項目別にみると、最大比率を占める家計消費支出は2.2%増、総固定資本形成は1.5%増に留まったが、輸出が6.3%増を記録した(輸入は3.8%増)。一方、生産部門別にみると、農林水産業は2.0%減、製造業は1.5%増と低調だったのに対し、鉱業は3.8%増だった。目立つのは建設部門の4.7%増であり、これが全体を牽引したという指摘がある。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

yuubou

 このブログや私の著作物でも何度か触れてきたように、ロシアは石油・ガス等の原料・エネルギーに偏重した輸出構造を是正し、非原料・非エネルギー商品の輸出を拡大することを国家的な目標に掲げており、公的企業の「ロシア輸出センター」がそれを促進する役割を果たしている。それで、ロシア輸出センターのこちらのページに、ロシアにとって非原料・非エネルギー商品の輸出を拡大する有望な相手国のランキングというものが出ていたので、上位20ヵ国を上掲のとおり整理してみた。その際に、CIS諸国をピンク色に、EU諸国を青色に、APEC諸国を緑色に塗り分けてみた。

 伝統的にロシアにとって最大の輸出相手地域となってきたのがEUだが、EU向け輸出は大部分が石油ガスであり、非原料・非エネルギー輸出にとっての有望性はそれほど高くない。また、ロシアは東方シフトと称してアジア太平洋への傾斜を深めているものの、APEC向けの輸出もまた原料・エネルギーが中心だという現実がある。そうなると、市場規模自体は小さいものの、ロシアにとってCIS市場の有望性というものが、浮き彫りになってくる。世界的には競争力の弱いロシアの非原料・非エネルギー商品も、地元じゃ負け知らずというか、近隣諸国の市場では一定の競争力を発揮できるのである。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

Coat_of_Arms_of_Rylsk_rayon_(Kursk_oblast)

 昨年の暮れから今年初頭にかけて、馬の紋章のシリーズを続けてきた。しかし、本来であれば、猪年になったので、年初から猪および豚のシリーズに切り替えた方がよかったかもしれない。というわけで、遅れ馳せながら、ロシアの猪紋章で、代表的なものを。クルスク州ルィリスク市というところの市章であり、以前も一度取り上げたことがあるが、再掲載する。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

ruauto

 ロシアのAUTOSTATというサイトに、CISの主要国の2018年の乗用車販売状況につき、上位のブランドおよびモデルを図解で示した資料が掲載された。便利なので、ロシア語のままで恐縮だが、転載させていただく。まずはこちらに出ている最大市場のロシアから。モデル別では地場メーカーAvtoVAZの2モデルがワンツーフィニッシュ。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

KMO_129750_00007_1_t218_231426

 ワールドカップ・ロシア大会が終わってからというもの、ロシアやウクライナのサッカー事情をフォローする意欲が一気に失せて、多忙ということもあり、かの地のサッカー事情からまったく遠ざかってしまった。

 しかし、たまたま目に留まったこちらの記事は、取り上げないわけにはいかないだろうと判断した。シャフタール・ドネツクに所属し、ウクライナ代表でも長く主力のディフェンダーだったヤロスラフ・ラキツキーが、このほどロシアのゼニト・サンクトペテルブルグに移籍したということである。しかし、それがウクライナ国内で大きな物議を醸している。多くのウクライナ人がこれを祖国への裏切りと見なしており、今後ラキツキーは代表でプレーできなくなるという見方が広がっているという。むろん、SNSなどでは、これまでラキツキーがシャフタールおよびウクライナ代表に果たしてきた貢献に感謝するコメントも一部で見られるものの、「侵略国家」のクラブにカネ目当てで移籍したとして、多くの国民はラキツキーの決断を非難している。『ゼールカラ・ニジェーリ』紙ではウクライナ代表の元スタッフによる「ラキツキーはあからさまな分離主義者で反ウクライナ主義者だ。彼を召集すべき場所は代表ではなく、ウクライナ保安局だ。この男はドネツクの話ばかりして、彼にとってはドネツクの方がウクライナより上なのだ。これまで国歌も歌ってこなかった。ドネツクはウクライナではないと考えている男なのだ」とするコメントを掲載した。

 往時には、ロシアとウクライナの間のプレーヤーの移籍は活発であり、最盛期の1997年には117人のサッカープレーヤーがロシアリーグでプレーしていた(うち50人がトップディビジョン)。その後、ウクライナ側のクラブの経営が好転したのと、ロシアで外国人枠が制限されたのとで、2011年にはロシアのトップおよびセカンドディビジョンでプレーするウクライナ人は11人にまで減った。2014年以降のウクライナ危機で、ウクライナ各クラブは人材を放出、ロシアでプレーするウクライナ人も30人程度になったが、今シーズンでは再び7人にまで減っていた。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

000021_1548142099_333566_big

 こちらの記事によると、ベラルーシは2020年半ばにもWTOに加盟する見通しだという。WTO側のフアン・マルチェッティ氏が記者団に明らかにした。同氏によると、ベラルーシは加盟条件を実質的に満たしつつあり、それにかかわる重要な決定、法整備、法慣行の面で大きな前進を見せていて、現在はすでに交渉の最終段階だ。ベラルーシ当局は2020年半ばまでの加盟ということを掲げているが、交渉完了に要する時間は1年あまりなので、それは充分に可能である。残された問題としては、サービス貿易と、投資政策が挙げられる程度だ。メルチェッティ氏は以上のように述べた。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

 



244-2-e1501128195483

 ちょっと前の記事だが、こちらによると、ロシアの新たなプロジェクトへの投資国として、2018年に米国が第3位になったという。ロシア直接投資基金のK.ドミトリエフ総裁がダボスで開かれた世界経済フォーラムの席で明らかにした。第1位は中国、第2位はドイツだったという。これに先立っては、米国商工会議所の会頭が、「2018年に米国企業はロシアでのビジネスを縮小しなかったし、撤退もしていない。むしろビジネスを拡大したところもある」と述べていた。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

Buckwheat

 今般、遅れ馳せながら認識するに至ったのは、日本が結構ロシアからソバ(HS100810 Buckwheat)を輸入しているという事実である。日本の主な輸入相手国からの輸入状況をまとめたのが上表であり、2013年から本格的に輸入されるようになり、その後は中国と米国に次ぐ供給国という地位が確立されている。

 ただし、こちらのサイトに、非常に有益な情報が出ていた。上の表に掲載されているデータは殻付きのソバだが、実は中国からは近年、ソバがむき身の状態で輸入されることが多くなり、殻付き+むき身という実質値をとると、中国からの実際の輸入はこの表のデータよりも倍以上になるということのようだ。

 こちらのサイトには、「様々な国で収穫されたそばの特徴」というのが出ているが、ロシア産は、「品質面でまばらつきがあり、品質の問題が解決されれば、更なる輸入が期待される産地です」と記されている。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

Coat_of_Arms_of_Kuvandyk_(Orenburg_oblast)

 馬の紋章シリーズが続き、今週はロシア・オレンブルグ州の小都市、クヴァンディク市の市章。馬が主役になっている理由は不明なるも、白い線で描かれているのは当地を流れるサクマラ川だろう。

 大豊作だった馬シリーズだが、そろそろネタ切れだろうか。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

 週刊ロシア経済(No.11、2019年1月26日)を配信しました。今号は、日露関係および北方領土問題特集です。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

 こちらの記事によると、ロシア極東アムール州のアグリ企業「ソーヤANK」が、初めて、大豆粕を日本に輸出したということである。日本のパートナーとの交渉は1年半にも及んだが、大豆油を抽出した後の飼料用油粕100tを、このほど日本向けに初出荷した。ロシア側によると、今後も供給を拡大し、次回のロットは2倍の規模になるということである。

 なお、ソーヤANKの油抽出工場は2014年に稼働し、第1ラインは年間で油1万tおよび粕5万tの、第2ラインは油1.5万tの生産能力を有する。油はシベリア、ウラル、中央ロシアに販売している。同社は2018年に食品部門の最優秀輸出業者に選定されており、同社の「アムールの真珠」という大豆油も2018年に表彰を受けている。上掲の動画はその「アムールの真珠」のCM。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

most

 ロシア極東アムール州のブラゴヴェシチェンスクと、中国黒竜江省の黒河市を、アムール川を越えて結ぶ道路橋が建設されていることに関しては、以前も当ブログでお伝えした。

 これに関し、こちらの記事によると、橋の開通は、当初予定されていた2019年12月から、2020年春にずれ込むことになったということである。当初は臨時の国境通過ポイントを設け、常設の国境通過ポイントは2020年夏頃に完成するという。なお、橋の建設にロシア側は140億ルーブルを、中国側は52億ルーブルを投資している。

 さらに、こちらの記事によると、中国の黒河市側は、橋の建設に合わせて、優遇税制などを適用する露中国境経済協力ゾーンを開設することを提唱しているという。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

12_1

 こちらのサイトに、2018年のウクライナ鉄鋼業の生産実績が出ているので、整理しておく。主要品目の2018年の生産量と前年比は以下のとおりだった。

  • 鉄鉱石精鉱:6,032万t(0.3%減)
  • 焼結鉱:3,168万t(2.6%増)
  • ペレット:2,136万t(6.2%増)
  • コークス:1,083万t(4.1%増)
  • 銑鉄:2,056万t(2.0%増)
  • 粗鋼:2,110万t(1.5%減)
  • 圧延材:1,836万t(0.2%増)

 2019年1月16日現在、21の高炉のうち20が、9の平炉のうち8が、16の転炉のうち15が、15の電炉のうち6が、15の連鋳機のうち15が稼働している。

 2018年には、2,950万tの鉄鉱石がウクライナの製鉄所に供給された(前年比10%増)。うち、2,948万tがウクライナ国産、2.5万tが輸入品だった。2018年にウクライナは3,690万tの鉄鉱石を輸出した(前年比2%減)。

 2018年にウクライナ鉄鋼業は18.4億立米の天然ガスを消費し、これは前年比4%減だった。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

↑このページのトップヘ