服部倫卓のロシア・ウクライナ・ベラルーシ探訪(ブログ版)

私のホームページ「ロシア・ウクライナ・ベラルーシ探訪」(http://www.hattorimichitaka.com)のブログ版です。

1506681545-5708

 忙しいので雑なまとめで恐縮だが、こちらによると、ウクライナで再生可能エネルギーへの関心が再び高まりつつあるという。2017年1~9月に新規稼動した再エネ設備は201.9MWだった。年初から再エネ設備は18%拡大し、現時点で1,320MWとなっている。ただ、ウクライナの発電全体に占める比率はまだ1.6%程度にすぎない。ウクライナではグリーンエネルギーに欧州でも最も高い買取料金が設定されており、しかもそれが2030年まで保証されている。ただ、政変前までは、その料金を享受するのに、最初は30%の、その後には50%の設備が国産である必要があり、実際に再エネに投資していたのはヤヌコーヴィチの友人たちであるA.クリュエフ、R.アフメトフなどだった。しかし、政変後に設備の国産義務が撤廃されたので、新規の市場参入もしやすくなっている。記事には、概ねそんなことが書かれている。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

 ブログのネタに困った時に、よく使わせてもらうのが、ロシア等のニュースサイト掲載されている図解資料である。今般、こちらのサイトで、下に見るように、ロシアにおける乗用車工場の配置状況とその生産動向を図示した資料が載っていたので、紹介させていただく。現在ロシアには20箇所の乗用車生産工場があるそうである。

1505660215

ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

4582030

 こちらの記事によると、ロシアの国営系大手銀行であるVTBと、そのリテール子会社であるVTB24の合併は、2018年1月9日になるということである。合併自体は2016年11月に決定されていた。ただし、顧客およびサービスが共通のプラットフォームに移行するのには、さらに1.5~2年程度を要する。VTB24のM.ザドルノフ社長は、プラットフォームやITシステムの共通化により、150億ルーブルのシナジー効果が見込めるとしている。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

1

 EUが資金援助をして、ECORYSという機関が、東方パートナーシップ諸国の対EU世論を比較調査したということである。東方パートナーシップ諸国というのは、具体的には西NIS諸国(ウクライナ、ベラルーシ、モルドバ)および南コーカサス諸国(アゼルバイジャン、アルメニア、ジョージア)である。調査結果はこちらからダウンロードできるが、2.8MBほどあるので注意。ただ、どうせなら、ロシアも調査対象に加えてほしかった気もする。

 諸々ある設問の中で、代表的なものとして、上掲の図は、「貴方のEUに対するイメージは、肯定的(緑)、中立(黄)、否定的(赤)、EUについて知らない/聞いたことがない(灰)のどれか?」という設問の回答を整理したものである。アゼルバイジャン人の19%がそもそもEUを知らないという結果にはシビれるが、私のフィールドである西NISについて言えば、ベラルーシは中立の市民が多く、EUと連合協定を結んだウクライナ、モルドバでは賛否が分かれる傾向が出ている。これは、ウクライナ、モルドバではEUとの直接的な関係が太いことにより、良かれ悪しかれ、EUが大きな関心事になっているということだろう。

 下の表は、EUを知らないという回答者は除いて、各国市民に、上からEU、米国、NATO、ユーラシア経済連合につき、信頼しているかどうかを問うた結果である。ここで特徴的なのは、「ちゃっかり国民」ことアルメニア人が、EU、(ロシア主導の)ユーラシア経済連合の双方にかなり高い信頼を置いていることである。さすがは、ユーラシア経済連合に加入しながら、EUからはGSP+という関税優遇を取り付けている両天秤国家だけのことはある。ウクライナも少しは見習ったらどうか。

2

ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

turchin-biznes

 昨日取り上げたウクライナの投資評議会と一脈通じる話だが、こちらのサイトこちらのニュースに見るとおり、ベラルーシにも大統領付属の「企業活動発展評議会」という機関が存在し、このほど10月10日付の大統領令により、その顔触れが決まった。ただし、ウクライナの評議会が外国投資の誘致に重点を置いたものであるのに対し、今回のベラルーシの評議会は国内の民間経済活動の発展に主眼があり、ゆえに評議会の顔触れにも外国人は見当たらず、国内の官民の代表者から成っている。議長は内閣官房長のA.トゥルチク氏(上掲写真)。そうした中で注目されるのは、ルカシェンコ政権に批判的な論陣を張ることもある民間シンクタンク「戦略」のYa.ロマンチューク氏がメンバー入りしていることだろう。以下にメンバーを箇条書きしておく。

  • Турчин Александр Генрихович:Руководитель Аппарата Совета Министров Республики Беларусь (председатель Совета)  
  • Топузидис Павел Георгиевич:председатель совета директоров общества с ограниченной ответственностью ”Табак-инвест“ (заместитель председателя Совета)  
  • Алейников Денис Валерьевич:адвокат, учредитель общества с ограниченной ответственностью ”Алейников и Партнеры“ 
  • Байко Валентин Валентинович:председатель общего собрания участников совместного общества с ограниченной ответственностью ”Конте Спа“ 
  • Баранчук Василий Анатольевич:директор иностранного частного производственноторгового унитарного предприятия ”Барро“  
  • Боровой Николай Иванович:председатель ассоциации международных автомобильных перевозчиков ”БАМАП“  
  • Горбач Павел Францевич:генеральный директор Белорусского фонда финансовой поддержки предпринимателей 
  • Жишкевич Андрей Казимирович:председатель правления закрытого акционерного общества ”Минский транзитный банк“ 
  • Звыцевич Юрий Зиновьевич:директор совместного общества с ограниченной ответственностью ”Фреор Рефригерайшн“  
  • Лемешевский Виктор Матвеевич:директор общества с ограниченной ответственностью ”ПАК-управление“ 
  • Линев Владимир Николаевич:генеральный директор научно-производственного частного унитарного предприятия ”АДАНИ“ 
  • Мартынов Николай Васильевич:генеральный директор общества с ограниченной ответственностью ”Управляющая компания холдинга ”Белорусская кожевенно-обувная компания ”Марко“ 
  • Мошенский Александр Михайлович:генеральный директор белорусско-германского совместного предприятия ”Санта Импэкс Брест“ в форме общества с ограниченной ответственностью 
  • Новицкий Сергей Григорьевич:генеральный директор совместного общества с ограниченной ответственностью ”ХЕНКЕЛЬ БАУТЕХНИК“  
  • Рогова Жанна Яковлевна:директор общества с ограниченной ответственностью ”Светлогорский деловой партнер“ 
  • Романчук Ярослав Чеславович:исполнительный директор республиканского общественного объединения ”Аналитический центр ”Стратегия“ 
  • Румас Сергей Николаевич:председатель правления открытого акционерного общества ”Банк развития Республики Беларусь“ 
  • Сериков Андрей Геннадьевич:директор общества с ограниченной ответственностью ”Марк Формэль“ 
  • Силинов Николай Михайлович:генеральный директор общества с ограниченной ответственностью ”Альянспласт“ 
  • Смоляр Андрей Анатольевич:председатель совета директоров общества с ограниченной ответственностью ”Интертранс-авто“ 
  • Тарасевич Жанна Казимировна:директор Бизнес-союза предпринимателей и нанимателей имени профессора М.С.Кунявского 
  • Харлап Анатолий Дмитриевич:председатель Республиканской ассоциации предприятий промышленности ”БелАПП“ 
  • Ципорин Борис Романович:генеральный директор совместного закрытого акционерного общества ”Белатмит“ 
  • Шакутин Александр Васильевич:председатель совета директоров открытого акционерного общества ”АМКОДОР“ – управляющая компания холдинга“ 
  • Швец Александр Иосифович:председатель Республиканского союза промышленников и предпринимателей 
  • Янчевский Всеволод Вячеславович:директор государственного учреждения ”Администрация Парка высоких технологий“

ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

 



Coat_of_Arms_of_Monchegorsk_(Murmansk_oblast)

 ヘラジカのシリーズ。個人的によく認識していなかったが、ムルマンスク州にモンチェゴルスク市というのがあるらしく、その市章が上掲のようなものである。しかし、元素記号をあしらった社会主義時代の下のデザインも、いかにもソビエトチックで捨てがたい。銅、ニッケル、コバルトを産出するのだろう。

Coat_of_Arms_of_Monchegorsk_(Murmansk_oblast)_soviet

ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

1507369147-9507

 こちらの記事によると、ウクライナのポロシェンコ大統領は10月10日、「国家投資評議会」のメンバーを定めた大統領令に署名した。投資誘致に関する諮問機関であり、ウクライナの政権幹部に加えて、外国資本の代表者が名を連ねている。米国の通商代表、欧州ビジネス協会の代表はオブザーバー資格で常に参加することになっている。以下にメンバーを整理するが、残念ながら日本勢の名前は見られない。ウクライナ側からお声がかからなかったのか、それともロシアとの関係に配慮して断ったのか。中国はもちろん、韓国勢ですら入っているのになあ。

  • президент Украины, председатель Совета Петр Порошенко
  • президент Государственной нефтяной компании Азербайджанской Республики SOCAR (Азербайджанская Республика) (по согласию) Ровнаг Абдуллаев
  • премьер-министр Украины Владимир Гройсман
  • министр финансов Украины Александр Данилюк
  • генеральный директор отделения Европа, Ближний Восток и Африка банка Citigroup Inc. (США) (по согласию) Джеймс Коулз
  • председатель правления компании Меtro AG (Федеративная Республика Германия) (по согласию) Олаф Кох
  • генеральный директор компании Еngie SA (Французская Республика) (по согласию) Изабель Кочер
  • первый вице-премьер-министр Украины - министр экономического развития и торговли Украины Степан Кубив
  • советник президента Украины, секретарь Совета Борис Ложкин
  • председатель правления компании Louis Dreyfus Holding B.V. (Королевство Нидерланды) (по согласию) Маргарита Луи-Дрейфус
  • председатель правления и генеральный директор компании Cargill Inc. (США) (по согласию) Дэвид Макленнан
  • старший вице-президент General Electric, президент и генеральный директор компании "GE Transportation" (США) (по согласию) Джейми Миллер
  • председатель правления и генеральный директор компании Arcelor Mittal Limited (Соединенное Королевство Великобритании и Северной Ирландии) (по согласию) Лакшми Нивас Миттал
  • министр энергетики и угольной промышленности Украины Игорь Насалик
  • министр инфраструктуры Украины Владимир Омелян
  • генеральный директор компании Unilever NV (Соединенное Королевство Великобритании и Северной Ирландии) (по согласию) Пол Палмен
  • председатель Верховной Рады Украины (по согласию) Андрей Парубий
  • министр юстиции Украины Павел Петренко
  • глава Администрации президента Украины Игорь Райнин
  • президент и генеральный директор компании Holtec Ипternational, Inc. (США) (по согласию) Крис Сингх
  • председатель правления и генеральный директор группы компаний DP World (Объединенные Арабские Эмираты) (по согласию) Султан Ахмед Бин Сулайем
  • председатель совета директоров компании Huawei Technologies Co., Ltd. (Китайская Народная Республика) (по согласию) Сунь Яфан
  • генеральный директор и президент группы компаний Vitol Holding B.V. (Королевство Нидерланды) (по согласию) Ян Тейлор
  • вице-президент корпорации International Finance Corporation (США) (по согласию) Димитрис Цицирагос
  • президент Европейского банка реконструкции и развития (по согласию) Сума Чакрабарти
  • заместитель главы Администрации президента Украины Дмитрий Шимкив
  • генеральный директор компании Bunge Limited (США) (по согласию) Сорен Шродер
  • президент и генеральный директор компании Posco Daewoo Corporation (Республика Корея) (по согласию) Ким Янг-Санг

ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

kastamonu

 こちらの記事が、ロシアのタタルスタン共和国で、家具産業の産業クラスターが形成されつつあるという話題を伝えている。タタルスタン共和国では行政府が産業クラスターのアプローチを重視しており、他には機械産業、IT、食品、建設関連のクラスターがあって、家具産業もその一環として育成されているということである。もっとも、ロシアの場合は、ある産業の企業が2~3社集まれば、もう「産業クラスターだ」と大袈裟に吹聴する傾向があるので、ある程度差し引いて考える必要はあるだろう。ともあれ、記事によると、家具クラスターの中核になっているのは、欧州屈指の木材加工メーカーであるトルコ系のカスタモヌ社であり、同社は2014年にタタルスタンのアラブガ特区にベニヤ工場を開設した。同社を中核に、いくつかの中小家具メーカーが参加して、家具クラスターを形成する旨の協定が、このほど結ばれた。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

755077297822529

 10月11日にロシアのソチでCIS首脳会談が開催されたが、こちらの記事によれば、ウクライナからの出席はなかった。CIS事務局長のS.レベジェフによれば、ウクライナは法的にはCISの加盟国に留まっているが、実質的にはその多くの機関で活動を停止しており、一部にだけ参加している状態である。たとえば9月に開催されたCIS経済評議会にはウクライナ首相が参加して2つの声明を発表した。ウクライナはCISの分担金を支払っておらず、他の加盟国からの不満を招いていると、レベジェフ事務局長は指摘した。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

630_400_1507828233-3872

 こちらのニュースで知ったのだが、今般北朝鮮で発行された地図帳では、クリミアがロシア領として表示されているという。情報の発信元はこちらの在北朝鮮ロシア大使館のフェイスブックページであり、同ページは、「我々は北朝鮮外務省から、北朝鮮はクリミア住民投票の結果を尊重しており、それが完全に国際法の規範に合致していると考える旨の説明を受けている」と主張している。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

semashko

 こちらの記事が、ベラルーシがベネズエラとの経済関係を再強化しようとしているということを伝えている。このほどV.セマシコ副首相がテレビに出演してその抱負を語った。セマシコ副首相によれば、ベラルーシはベネズエラに4つの工場を建設した、中南米で最大のセラミックレンガ工場、年産1万台のトラクター組立工場、年産5,000台のMAZトラック組立工場、年産3,000台の道路建設機械工場である。それらの生産品は半分はベネズエラ国内に、半分は他の中南米諸国に輸出される。1ヵ月後にミンスクで両国共同の協力会議が開催され、ロードマップを作成する。ベラルーシはベネズエラでの石油開発に乗り出し、3~4年前には120万tが生産されたが、現在は83万~84万tのレベルに落ち込んでおり、これを200万~300万tに伸ばしたいと、セマシコ副首相は述べた。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

 



2509133_w1

 UEFAネーションズリーグというのは、ウィキ先輩をコピーさせていただけば、UEFA主催で偶数年9月から翌年の6月にかけて行われる、ナショナルチームによるサッカーの国際大会である。第1回は2018年から19年にかけて開催される予定。

 それで、こちらのサイトに見るように、このほどそのリーグ分けが決まった。私の関係の深い旧ソ連諸国(バルトも含む)を青で示すことにする。

  • League A:Germany, Portugal, Belgium, Spain, France, England, Switzerland, Italy, Poland, Iceland, Croatia, Netherlands
  • League B:Austria, Wales, Russia, Slovakia, Sweden, Ukraine, Republic of Ireland, Bosnia and Herzegovina, Northern Ireland, Denmark, Czech Republic, Turkey 
  • League C:Hungary, Romania, Scotland, Slovenia, Greece, Serbia, Albania, Norway, Montenegro, Israel, Bulgaria, Finland, Cyprus, Estonia, Lithuania 
  • League D:Azerbaijan, FYR Macedonia, Belarus, Georgia, Armenia, Latvia, Faroe Islands, Luxembourg, Kazakhstan, Moldova, Liechtenstein, Malta, Andorra, Kosovo, San Marino, Gibraltar 

 うーん、こうやって見ると、ロシアとウクライナは例外として、その他の私に関係する小国は、やはり軒並み下位リーグに振り分けられた。リーグDなどは、ほぼほぼ、ミニ国家と、旧ソ連諸国によって構成されているという感じだ。ちなみに、リーグBにロシアとウクライナが入り、「おお! ついに両国が相まみえることになるのか!」と一瞬色めき立ったが、リーグB全体が総当りで戦うわけではなく、3ヵ国ずつ4つのグループに分かれるとのことなので、おそらく両国は別のグループになるよう配慮されるのだろう。つまんないの。A・B・C・D各リーグとも、その中でいくつかのグループに分かれて戦い、その成績に応じて上位リーグへの昇格・下位リーグへの降格がある。

ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

1502373447-4210

 こちらの記事などによれば、ウクライナで年金改革法が成立した。10月3日にウクライナ最高会議が可決、9日に大統領が署名、10日に官報に掲載され、(いくつかの特記事項を除き)翌11日に発効した。ただし、支給額の引き上げは、すでに10月1日から実施されている。

 今回の改革法により、10月から、900万人の年金支給額が、200グリブナから1,000グリブナの引き上げ幅で引き上げられる。また、インフレにスライドして毎年支給額が自動的に引き上げられるようになる。年金支給開始年齢の引き上げは盛り込まれなかったが、60歳から年金を受給するためには、25年間の年金納入期間がなければならない。納入期間が15~25年の場合は受給は63歳から、15年以下の場合は65年からとなる。まったく納入していない場合は、年金の代わりに63歳から社会補助を受け取ることになる。60歳から年金を受給するのに必要な納入期間は今後、1年間に1年ずつ引き上げられていき、2028年には35年納入していなければ60歳で年金を受給できないようになる。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

inf

 こちらのサイトに見るとおり、オーストリア経済研究所が、EUとロシアの制裁合戦で、EU側が負った損失という情報を発信した。これによると、ロシアの景気後退と制裁合戦の影響で、EUの対ロシア輸出は、2013年の1,200億ユーロから、2016年には720億ユーロへと、40%落ち込んだ。同研究所の試算によれば、輸出減のうち、約40%が制裁問題に起因していた(注:率直に言って、原典の数字の整合性が良く分からない)。制裁問題による対ロ輸入減の幅が大きかったのはキプロスの34.5%減、ギリシャの23.2%減、クロアチアの21.0%減など。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

 こちらの記事によると、国際的な格付け機関のフィッチは、ロシア中銀が銀行業界の浄化を進めている中で、ロシアの銀行の数は今後4年間で600行から300行程度に減少するだろうとの見通しを示した。ただし、それでもまだ過剰であり、銀行の数は50程度で充分であると、フィッチは指摘した。

1493297653

ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

000021_1505377360_big

 これは9月の動きだが、見落としていたので、今さらながら取り上げる。こちらの記事などによれば、9月14日にベラルーシ中部のボリソフ郊外で、ベルジー社の新たな工場が量産を開始した。V.ヴォフク産業相が明らかにした。ベルジー社はベラルーシと中国ジーリー社の合弁。プロジェクトの第1段階では年産6万台を見込む。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

be

 ロシア連邦プスコフ州ベジャニツィ町。初めて知った集落だが、紋章ではヘラジカの体が金色で描かれることが多い中で、このベジャニツィだけは黒で描かれている。説明によれば、黒色は謙遜、従順を象徴するというのだが、黒にそんなイメージはあるものだろうか?


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

 10月7日、サッカーのロシア代表と韓国代表の親善試合が行われ、ロシアが4:2で勝利した。会場は、新しくできたばかりだが、W杯の会場からは漏れているCSKAのスタジアム。得点力不足のロシアが4点もとったことは特筆されるが、上掲の動画に見るようにオウンゴールが2つも含まれているし、全体的に行ったり来たりのオープンな試合だったみたいなので、あまり過信しない方がいいだろう。動画からだけでは観客席の様子がよく分からないのだが、案外盛り上がっているような雰囲気を感じる。

 まあ、何よりも感じるのは、日本はマッチメイクで韓国に負けたのではないか?ということ。韓国は代表週間を使って欧州遠征し、W杯開催国でのアウェー戦も体験したということで、ニュージーランドおよびハイチという微妙な相手との試合を余儀なくされた日本よりも良い上積みができたと言えそうだ。

 追記:観客動員は24,183人だったようだ。ロシア代表の親善試合としては、良く入ったな。それにしてもCSKAのスタジアムって、なんでこんなに観客席と屋根の形がゆがんでるのかな。日照権の問題とかか?(笑)。

DLi2FkGXcAAujs0

ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

74444763-36261

 もう1年ほど古い情報になってしまったが、個人的に見落としていた重要な動きがあったので、取り急ぎ簡単にまとめておく。こちらのサイトに見るように、ロシアでは2016年11月30日に開催された大統領付属戦略発展・優先プロジェクト評議会の結果、同日付で優先プロジェクト「農産物・食品の輸出」の主要点が承認された。同プロジェクトの期間は2016年11月から2020年12月までで、様々な支援策を講じロシアの農産物・食品の輸出を拡大することを掲げている。具体的には、現状で169億ドルとなっている輸出を、2025年までに300億ドルに伸ばすことを見込んでいる。うち食肉は2億ドルから17.5億ドルに、穀物・同加工品は59億ドルから75億ドルに、油脂は21.5億ドルから35.0億ドルに、加工食品は30.8億ドルから100億ドルに拡大するという目標が掲げられている。

 なお、農産物・食品の輸出総額の目標は、2017年3月31日付の政府決定で採択された修正版の「2013~2020年の農業発展および農産物・原料・食品市場管理国家プログラム」にも追加で盛り込まれた。だいぶ重いが、テキストはこちらのサイトで閲覧可能。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

groupi

 サッカー・ワールドカップの各大陸予選が佳境を迎えているけれど、個人的に注視しているのはただ1つ、ウクライナが予選を勝ち上がれるかという一点である。もう日本は出場を決めたし、個人的な研究対象国では、ロシアは開催国につき予選免除、その他の旧ソ連諸国は軒並み敗退が決まる中で、唯一当落線上にあるのがウクライナなのである。そして、現地時間の昨晩、日本時間の本日未明、ウクライナの属すグループIの試合が行われ、ウクライナはアウェーでコソボに勝利した。上掲の表のとおり、第9節終了時点で3位につけている。首位を走っていたクロアチアがホームでフィンランドと戦い、試合終了間際に同点弾を食らってまさかのドローに終わるという波乱があったのだが、クロアチアが負けてくれたのならともかく、ドローではウクライナにとって意味はない。現時点でクロアチアとウクライナは勝ち点17で並んでいるが、得失点差がクロアチアの方が上なので、いずれにしても最終節にキエフで行われる試合で、ウクライナはクロアチアに勝たなければならないのである。今節、勝ち点19で首位に躍り出たアイスランドは、最終節はホームでコソボに勝つだろうから、1位でのストレート突破がかなり濃厚になってきた。大混戦となったグループIは、クロアチアとウクライナの2位争いに焦点がほぼ絞られたわけだ。ウクライナにとっては、グループIを2位で終えても、何度も煮え湯を飲まされているプレーオフの難関が待っているとはいえ、まずはプレーオフの資格を獲得しないと。まあ、裏番組を気にする必要がなく、「勝てばプレーオフ」(引き分け、負けなら敗退)という状況は、明快である点は、いいのではないか。まあ、それにしても、ヤバいキエフ決戦になりそうだ。

 ウクライナは、ロシアと違って、ワールドクラスの武器を持っている。コノプリャンカ、ヤルモレンコという左右のサイドアタッカーがそれであるが、ただ、それ以外はタレント力が落ち、せっかく外で崩しても中で決める選手がいないという感じ。シェフチェンコ監督も、特別な戦術を持ち合わせているという雰囲気はなく、単にカリスマ性で代表チームを率いているという印象だ。クロアチアも、最近は低空飛行のようだが、果たして、どうなるか。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

ferrosilicon-250x250

 一般の皆さんには関係ない話だろうが、個人的な研究分野の動きをメモしておくと、こちらのサイトに見るとおり、EUは今般、ウクライナ産のフェロシリコンに対するアンチダンピング(AD)調査を開始した。ウクライナ産およびエジプト産のフェロシリコンが不当に安くEU市場に輸出されているとの域内生産者の訴えを受けたもの。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

1465819115-1410

 地味な話題のメモだが、こちらの記事によると、2017年1~9月のウクライナの原油輸入は3.2億ドルとなり、金額ベースで前年同期比2.6倍拡大した。供給の82%がアゼルバイジャンから、10%がイランから、5.5%がカザフスタンからである。なお、2016年のウクライナの原油輸入は1.7億ドルで、前年比2.1倍だった。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

on

 ロシアの経済週刊誌『エクスペルト』は最新の10月2~8日号で農業特集を組んでいるが、その中でも目を引くのが上掲の温室野菜栽培の急増振りである。図の単位は1,000tだが、2016年には生産量が30%も増えたということである。その背景には、従来トルコがトマトやキュウリの主たる供給国であったところ、2015年に起きたトルコによるロシア軍機撃墜事件を受け、ロシアがトルコからの青果物の輸入を禁止したことがある。もっとも、ロシアがトマト、キュウリ、その他野菜の内需の90%を国産品で満たそうと思えば、さらに2,000haの温室の建設が必要で、それには2,000億ルーブルを要するということである。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

2fmleq15Zzc

 ワールドカップ・ロシア大会の会場のうち、ソチは先のコンフェデでも使用されており、すでにスタジアム自体は完成しているわけだが、こちらによると、コンフェデ終了後にFIFAからいくつかの注文をつけられたらしい。今般、クラスノダル地方のV.コンドラチェフ知事は、それらのFIFAからの指摘事項をすべてクリアしたと表明した。また、クラスノダル地方では現在、W杯出場チームの利用に供するためのトレーニング施設8箇所を新設・改築中だが、それらの作業も2018年4月までには完了する。スタジアムの交通に関しては、大会期間中には1日100本のバス、70本の列車を運行すると、知事は述べた。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

4572773

 欧州復興開発銀行(EBRD)はEUが主要出資者となっているので、ウクライナ危機後、ロシア向けの新規融資を停止している。そうした中、こちらの記事によると、EBRDは現在ロシアに7箇所ある拠点のうち、5箇所を2018年中に閉鎖するということである。具体的には、エカテリンブルグ、クラスノヤルスク、ロストフナドヌー、ウラジオストク、サマラの事務所が閉鎖される。記事には明記されていないが、モスクワとサンクトペテルブルグの2拠点だけが残るということだろう。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

yjimage

 ウクライナとEUは連合協定を結んで自由貿易関係が成立したのだが、EUはウクライナ産主要農産物・食品に対しては「関税割当」を設定し、それらの品目については一定量のみ無税で輸入する制度となっている。だが、その無税割当量があまりに少ないということで、ウクライナ側の不満が高まり、EUは協定とは別枠の独自の優遇措置として、追加的な無税枠をウクライナに与えることになった。具体的に言うと、ぶどうジュース(年間500tを追加、以下同様)、はちみつ(2,500t)、とうもろこし(625,000t)、大麦(325,000t)、オート(4,000t)、穀物のひき割り(7,800万t)、小麦(65,000t)、加工トマト(500t)という8品目に対して枠が追加された。そして、こちらのサイトに見るとおり、それを定めたEU規則が9月13日付で制定され、9月30日付のEU官報に掲載され、翌10月1日に発効した。なお、EU規則の条文を読んだだけでは分かりにくいが、こちらこちらのニュースが伝えるところによれば、適用は、小麦、大麦、とうもろこしは2018年1月1日から、それ以外は2017年10月1日から始まる。ただし、無税枠の追加は3年間の時限的な措置である。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

 来年開かれるサッカー・ワールドカップで、日本代表がロシア国内でキャンプを張る場所は、タタルスタン共和国のカザンに決まったという説が有力だ。聞くところによると、ハリル・ホジッチ監督がカザンの環境を気に入ったという。ルビン・カザンのトレーニング施設をそのまま使えるという点がメリットらしいが、もしかしたら、ワールドカップ史上初のイスラム開催都市であるカザンを、ボスニア出身のハリル監督が「居心地が良い」と感じたのかもしれない。

 ルビン・カザンのトレーニング施設は、先のコンフェデで、ポルトガル代表が滞在したらしいので、すでに代表チーム受け入れの実績もある。上の動画で紹介されているのが、たぶん、くだんのトレーニング施設ではないかと思う。ロシアの地方クラブとしては立派だと思うが、従来の日本代表のキャンプ地と比べると若干シャビーなような気がして、そのあたりどうなのだろうか。下にももう1個動画を貼っておく。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

1480916503

 どこかの国の金融当局の目論見ではないが、こちらの記事によれば、ロシアのA.クドリン元副首相・蔵相がロシア国民に対し、銀行預金の金利が低下する中で、「貯蓄から投資へ」の転換を呼びかけているということである。クドリンいわく、現在多くの人々が、どのような株式に投資したらいいのか迷っている。しかし、より信頼感のあるものがある。それは債権であり、国債および民間債の両方だ。債権の利回りはより高く、現在ロシアではそれへの転換が生じていると見ている。銀行預金の金利が4~6%程度に低下しているところ、国債の利回りは8%程度だ。株式に関して言えば、まずはブルーチップや投資信託といった簡単なものに投資し、次により高度なセクター別の投資に、その次にデリバティブに移行すればよいと、クドリンは語った。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

 こちらのサイトに、2016年11月時点のウクライナの政治評論家ランキングというのが出ていたので、備忘録までにメモしておく。基本的にヤンデックスでの統計にもとづいているということである。

ninki

ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

north

 たまたまこちらのページを見ていたら、ロシアの「世論基金」が実施したロシア国民の北朝鮮に関する意識調査の結果が出ていた。むろん、プーチン政権の対北朝鮮政策は日本政府などとは方向性が異なっているわけだが、今回の調査結果を見ると、一般国民の意識も日本とロシアではだいぶ趣きが異なっている。

 上の図は、「貴方は北朝鮮を好きか嫌いか?」という質問の回答状況で、上段が2013年2月、下段が2017年9月。緑が好き、青が無関心、赤が嫌い、グレーが回答困難。これを見て分かるとおり、多数派は無関心だが、嫌いよりも好きの方が多く、しかも好きは17%から27%に増えている。こりゃ酷い。

 そして、「北朝鮮の核兵器が、ロシアにとっての脅威になると思うか?」という設問の回答推移をまとめたのが下図であり、赤が脅威になる、緑がならない、グレーが回答困難。奇妙なことに、北朝鮮が核開発と徴発をエスカレートされたことを受けた2017年9月の調査結果において、脅威にならないという回答が過去最高になっている。

 これは、たぶんこういうことだろう。2014年のウクライナ危機以降、ロシア国民は従来にも増して米国を敵視するようになり、世界情勢をそのプリズムを通して見る度合いが強まった。そして、北朝鮮はその米国と対峙している国であり、米国の覇権を脅かす限りにおいて、ロシアにとって有用な存在と位置付ける向きが増えたということではないか。敵の敵は味方という論理である。

north2

ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

↑このページのトップヘ